記事提供:LITALICO 発達ナビ

様々な工夫とアイデアで、子どもと一緒に壁を乗り越えて来た楽々かあさん。

でも、そんなアイデアかあさんも「いつも絶対に怒らない、『いいお母さん』なんかでいられるわけじゃない」と語ります。

それでも育児とサポートを続けて来られた秘訣を、著書「発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法」の中からご紹介します。

「楽々かあさん」って?

みなさんは「楽々かあさん」を知っていますか?

発達ナビやFacebookで、発達障害のあるお子さんの子育てが楽しくなるアイデアを、数多く発信しているアイデアかあさんです。

発達障害のあるお子さんへの「声かけ変換表」はTwitterでも話題になりましたよね。

でも、かつては発達の凸凹に「フツーの子育て」の手が通じず、毎日お子さんを怒ってしまっていたそう。

そんな一人のお母さんが、どんな心境の変化を経て、毎日楽しく子育てできる「楽々かあさん」になっていったのか、楽々かあさんの工夫は一体どんなものがあるのか、気になりますね。

今回は、そんな楽々かあさんの苦労と工夫がたくさんつまった著書「発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法」の内容を、一部みなさまにご紹介したいと思います。

<以下、書籍『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』より、許可を得て転載しております>

■子どもにイライラしちゃう→イライラは頑張り過ぎている証拠

子育てにイライラはつきものです。お母さんが人間である以上、怒りもすれば、イライラもします。

それをもし「私はダメなお母さんだ」と思っている方がいたら、ぜひ「私は頑張り過ぎているお母さんだ」と、自分への声かけを変換してみて下さい。

24時間年中無休の無報酬で、何十年も働き続ける間、何もメンテナンスせずに「愛情」というものが「お母さん」という生き物からは、温泉の湯水のように、こんこんと毎日無限に永遠に湧き続けるだろう、というのは残念ながらパパ達の幻想のようです。

特に、気の休まる暇のない、心配事の尽きない、「凸凹さん」育児の場合や、お母さん自身にちょっぴり凸凹傾向がある場合、今無事にいきていることすら、奇跡的だと思えます。疲れれば誰だってイライラしたり、ネガティブになります。

私も、そんな時に天使のような子ども達に、あんなことやこんなことをされると、時にはかわいく思えなかったり、優しくできなかったりすることもあります。

そこで、あくまで「私はこうしています」という一例に過ぎませんが「しんどいな」と思ったら私がやってみていることを、段階を追って書きました。

「育児を頑張り過ぎている時の対処法」より

私は、母性や愛情がスッカスカに枯れたように感じるのは、一生懸命あれもこれも、とっても頑張り過ぎているから、私の身体や心から「もっと自分を大事にしてね」というサインが出ていると受け取っています。

■小さなことでイラッとする→自分に「タイムアウト」する

ADHDの子だけでなく、子ども一般のしつけに有効とされる、「タイムアウト」という海外の手法があります。子どもが暴力・暴言など、行き過ぎた行為をしたら、指定の場所に離して「参加させない」時間を作るのです。

私は自分がイライラし始めたら「かあちゃん、疲れたから休むね」と言って、私流の自発的「タイムアウト」をしています。「疲れたら休む」は、一番シンプルで効果が高いセルフコントロールだと思います。

■それでも怒ってしまう→完璧な親はいません

どんな子どもにも、凸があれば、同じ数だけ凹があります。凸だけ、凹だけ、ということはありません。どれだけサポートや療育をがんばっても、完璧な子どもはいません。そして、「それでOK」なんだと思います。

自分の凸も凹も受け入れることができれば、子どもの凸も凹も受け入れることができます。

自分が理想どおりの育児ができなくても、それなりに頑張っていると思えれば、子どもが理想どおりに育っていかなくても、それなりに頑張っていると思えます。

自分がちょっとくらいできないことがあっても、「ま・いっか」と思えれば、子どもがちょっとくらいできないことがあっても、「ま・いっか」と思えます。

<転載終わり>

「楽」は手を抜くことじゃない!お母さんも「楽」になれる工夫を

いかがでしたか?

4回に渡りご紹介した楽々かあさんのアイデアツールや考え方。

至る所に「子どもだけでなく親も一緒に楽する」という視点が盛り込まれていましたね。

楽々かあさんのアイデアツールを勉強すると、楽をするというのは手を抜くことではなく「スムーズに物事を運ぶための工夫」という事なんだと感じます。

今回ご紹介したアイデアツールや考え方を含め、『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法』には、その名の通り108個のストーリーが入っています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス