熊本地震から約一週間、全国から寄せられる支援物資。

東北などほぼ全都道府県の、自治体や個人での支援が続いている。
そこで今回は都道府県別に支援の状況をTwitterから選んで紹介したいと思います。

宮城県

5年前に東日本大震災では大きな津波に襲われた石巻市が、熊本へ支援物資のトラックが出発。今度はこちらの番という感じで恩返し。

しかし今でも18万人も仮説住宅で暮らす人々がいる中での支援物資に頭が下がる思いがします。

3.11からまだまだ、進んでいない被災地の現状からの支援物資です。

復興どころか復旧もままならないのに凄いことです。
まだまだ支援されなきゃいけない地域、温かいですね。

また、5年前の経験から欲しいモノ、必要なモノなどがよくわかっている地域なのでキメの細かい品物が送られそうです。当時の経験を生かしたアドバイスなど熊本県民には欲しい情報なのではないでしょうか?

山形

山形からも大きなトラックが大分に向かっているそうです。

秋田

秋田県からの支援物資が、配達に何時間かかるのでしょうか?

秋田から自衛隊の車が、ニュースでは自衛隊の車が横転するなど事故もあるようです。
体調管理も気おつけていってらっしゃい。

災害時の自衛隊は本当に頼りになりますね。

福島

福島からもありがたいことです。

茨城

茨城からも大きなトラックに沢山の支援物資が。

群馬

群馬からは支援部隊が、道中気をつけて。

埼玉

それぞれの個人の活動も…。

千葉

大学でも黙っていられませんね。募金活動も大きな力になります。

東京

東京での募金活動!いろいろな人が募金活動をしています。

八王子の中学校でも支援物資を呼びかけている。

神奈川

神奈川からも。段ボウルに書かれた言葉が暖かいですね。

新潟

新潟でもトラックいっぱいの支援物資が。

山梨

山梨でもかなりの量の支援物資が熊本へ。

長野

長野県の自治体からも。

静岡

静岡県からも多くの毛布が。

名古屋

名古屋からも届いたようです。

三重

三重県からも…。

滋賀

滋賀県から大きな支援のトラックが…。

京都

京都からも。

大阪

大阪では募金活動で支援。

兵庫

神戸市ではお米と水を支援。

奈良

奈良市役所では募金活動が…。

鳥取

鳥取でも物資の提供と職員の派遣。

岡山

岡山県からも。

山口

山口県から。

愛媛

愛媛の個人も。

鹿児島

鹿児島でも。

宮崎

宮城でも。

Twitterに投稿されたものをピックアップしただけなので、まだまだ多くの隠れた支援や援助物資が全国から送られていることでしょう。

それにしても日本人で良かったなと思うことは、何か大きな災害が起きると助けよう支援しようと自治体ばかりが個人でも動き出すこと。

これは自然災害が繰り返されることで培われた、今の日本人という性格、集団好きや勤勉さといった特徴を作り上げたのかもしれません。

他の国々と何か日本が違うのは多分この自然災害の多さによることが大きいのではないでしょうか?

試練を乗り越えるたび人々が支え合い、そしてまた一つ強くなる。

永遠に続くであろう地震と津波、そして台風。その都度どうすればいいのか、どうやったら生き残れるのか、子供や孫の世代の為にも少しでも改善や知識を伝えるのは今生きている人々の使命かもしれません。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス