記事提供:messy

アメリカの人気テレビドラマ『glee』でひときわ印象的な場面がある。

将来ブロードウェイ・スターになると公言し、glee部(合唱部)でも堂々リードボーカルをとるヒロイン・レイチェルが、純朴ハンサムジョック(体育会系)のフィンを巡って、学校一の美人でチアリーダーのクィンと争う場面だ。

クィンはレイチェルを「フィンのことは諦めなさい、あなた都会に出てスターになるんでしょ。あなたには才能があるじゃない、キャリアと男、二つを同時に得るなんてできないのよ。一つを手に入れたら片方は諦めなきゃいけないの」と説得しようとする。

このクィンを演じる女優が、HKT48の新曲『アインシュタインよりディアナ・アグロン』の中で歌われているダイアナ・アグロンである。

「アインシュタインよりディアナ・アグロン

テストの点以上 瞳(め)の大きさが気になる

どんなに勉強できても 愛されなきゃ意味がないスカートをひらひらとさせて グリーのように」

出典HKT48「アインシュタインよりディアナ・アグロン」

「女の子は可愛ければ頭空っぽでいい」と歌うこの曲がいま、「女性差別だ」として炎上している。

余談ではあるが、なぜかメディアでは一貫してディアナ表記になっているが正しい発音はダイアナだ。よってこの記事内でも以後、彼女の名前はダイアナ表記で通すこととする。

世間の期待を内面化した「優等生性」を持つクィン

「“ディアナ・アグロン”という別の誰かがいるのか?」と思うくらい、この曲は『glee』というドラマとも、ダイアナ・アグロンという女性の実態とも全くかけ離れていた…というよりまさに180度反対のものであった。

またその歌詞の根底にある女性差別的な発想、そして若い世代への教育的視点の欠如に、gleek(gleeのファンの意)のみならず多くの人たちが怒りを示した。

『glee』は2009年にドラマのヒットメーカーであるライアン・マーフィーが脚本、プロデュースしたミュージカルドラマだ。米国のFOXが放送すると瞬く間に若者中心に人気に火がつき、全世界に波及した。

使用される楽曲が現在のヒットチューンのみならず、懐かしの曲がアップテンポにアレンジされていたり、

世代の異なる他アーティストの曲とマッシュアップして物語に盛り込まれていることから、人気は子供世代に留まらず親世代、大人世代にも広まっていった。

この作品のアメリカドラマ史上における革命的な点は、なによりも出て来る登場人物のDiversity(多様性)にある。

これまでの青春群像劇というと、見目麗しい白人男女が中心だったが、マッキンリー高校glee部“New Directions”メンバーは

アフリカ系、ヒスパニック、アジア系、車椅子に乗った身体障害者、プラスサイズ(ぽっちゃり体型)の男女、ゲイやレズビアン、トランスジェンダーによって構成され、レギュラーの脇役にはダウン症の少女もいる。

つまりこれまでの青春ドラマには存在しないことになっていた、しかし現実にはちゃんと存在するマイノリティたちが物語の中心にいるのだ。

しかもそれまでの映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』やドラマ『SATC』における、ヒロインをかいがいしく導き助ける妖精のような役割しかもたないゲイ友だちの描写と違って、

このドラマにおけるマイノリティたちはそれぞれに自我を持って自分の利益のために行動するのだ。

『glee』以降はアメリカドラマにおける登場人物たちの人種的多様性、そしてジェンダー描写の幅は格段に広がり、飾り物のような存在ではないマイノリティがメインのキャラクターとして登場するのが普通のことになった。

プロデューサーのライアン・マーフィーはマイノリティを主役に据えることによって、社会の抑圧を、そしてこの社会における人々を画一化させようと縛りつける空気をあぶり出し、「そこから自由になろう」と見る人を喝破する。

その際、世間の規範をあらかじめ取り込み、完璧にそれに応えようとしている存在がクィン(ダイアナ・アグロン)なのである。

このドラマにおいて彼女の美貌とは非凡さや特権的地位ではなく、「世間に求められるものを完璧に応じようとする彼女の優等生性」を表しているにすぎない。

(注:ここから激しくネタバレをしていますので、気になる方はどうぞ本編シーズン3までをご覧になってからお読みください)

誰かに愛されるために自分を犠牲にするな!

ドラマのヒロイン・レイチェルは自分の欲望を臆せず発し、転んでも転んでもへこたれずそれを追い求めることを止めない。

悪目立ちするアクの強い性格ゆえに周囲からいじめられ続けるが自己肯定感を失わず、並みの男が圧倒されてしまうような才能とパワーを発している。

にもかかわらず、最終的には純朴な青年フィンをして「俺の人生には彼女が必要だ」と思わせるようになるのだ。

レイチェルが最大の目標として仰ぐバーブラ・ストライサンドの映画『追憶』では、社会的成功を手にしても才ある女は愛する男を得ることはできなかった。

ライアン・マーフィーは『追憶』で描かれたそのセオリーをこのドラマで覆したかったのではないかと私は個人的に思っている。

翻って冒頭のクィンの言葉を聞くと、現代の高校生である彼女の頭の中身が70年代映画の意識とそう変わらないことがわかる。既出のセリフの前に彼女はこうも言っているのだ。

「どうせ私はこの田舎町を出られない。せいぜいがフィンと結婚してプロムのキング&クイーンだったことだけを過去の栄光にして生きていくのよ」

しかし彼女の実態はオールAの成績を維持し、チアリーダーのキャプテンを務める大優等生だ。

そう、彼女は能力があるにもかかわらず

「普通の女がだいそれた野望を抱くものじゃない」「女の子は可愛くありさえすればいい、よけいな学歴はいらない、邪魔になるだけだ」

という世間の規範、価値観を先回りして内面化してしまうほどの“優等生”なのである。

その重圧が並大抵のものでないことは、猛勉強のストレスでやけ食いしてしまい太ることの恐怖に怯えた彼女が、遊び人のパックの「お前は太ってねぇ。お前はきれいだ」という言葉の誘惑に乗ってしまったことからも推察される。

結果、彼女は高校生にして妊娠してしまい、学園の女王の地位を降ろされてしまう。

ライアン・マーフィーは、私の人生なんて大したことは起きない、というクィンの予想を覆すこのような出来事を次々とドラマの中で起こしていく。それはまるで番組内のメロドラマ部分を彼女が一手に引き受けているかのようだった。

ライアンが彼女に課した運命は本当に過酷で、その試練に耐えられず恥も外聞もなく男の愛を懇願してもそれを拒まれてしまう。学校一の美人の彼女が安易に恋愛に逃避することも許されないのだ。青春ドラマは恋愛描写が売りであるにもかかわらず。

ライアン・マーフィーはクィンというキャラクターを通して

「マイノリティであればあるほど自分を肯定し、自分の欲望を追及するんだ!誰かに愛されるために自分を犠牲にして世間に迎合したってなにもいいことはない、君が世界を変えるんだ!」

というメッセージを我々に投げかけてくる。

それを体現するように、クィンは好奇の目にさらされながらも大きなお腹で高校に通い優秀な成績を維持して、最終的にはその経験を書いたエッセイが評価されたことで名門・イェール大学に進学する。

ライアン・マーフィーと秋元康

ここまで読んでいただいた方には、秋元康氏作の問題の歌詞にある

「どんなに勉強できても 愛されなきゃ意味がない」

という世間から女の子に課された規範を、一貫して否定してきたドラマが『glee』だということがお分かりになると思う。なんと言っても『glee』は「自分の夢を叶えることと愛する男性どちらも諦めない!」と前進し続けるレイチェルがヒロインなのである。

「ニュースになんか興味がないし たいていのこと 誰かに助けてもらえばいい」

「人は見た目が肝心 だってだって内面は見えない」

というのも嘘であることを『glee』は教えてくれる。「人の内面は外から見える」し、安易に恋愛を消費しないキャラクターが本作に多数登場する。

逆に自分の美貌に頼ってもたれかかってくるクィンに対して「Hold on to Sixteen(君には未来がある、自分の可能性を楽しめよ)」と世間の規範から逃れられない彼女に助言を与えようとすらしているのだ。

愛する人たちと自己肯定感を持って生きていこう、世界を変えよう、そのためには勉強すること、自立することが必要だとティーンにメッセージを送るライアン・マーフィーと、

女の子は世間の期待に応えるのがあるべき姿なんだ、そうしていれば生き易いし世間に愛してもらえる、難しいことはなにも考えなくていい、ただ世間の言うことを聞いていればいいとする秋元康が、

それぞれアメリカと日本のポップカルチャーの柱となる存在であることはとても示唆的だ。

リプロダクティヴ・ヘルスライツを奪われた子供たち

秋元氏が「難しいことはなにも考えない 頭空っぽでいい」というイメージと結びつけた女優ダイアナ・アグロンその人のことも付記したい。

彼女は映画界にも進出し多くの作品に出演しながらチャリティ活動にも熱心だ。動物保護、同性愛者権利活動を支持しているだけでなく、毎年の自身の誕生日にはLGBTティーンの援助活動、人身売買対策活動などへの寄付を募っている。

2011年には米国赤十字主催の日本津波被害者のためのチャリティランにも参加しているのだ。

そんな彼女が2014年の国際ユース・デー(世界の子供及び若者の人権保護と社会参画を呼び掛ける日)にグローバル・シチズンシップ大使として行ったスピーチの一部を紹介する。

「28歳にして思うのが、私はとてもラッキーだったということです。私は初等、中等教育にアクセスできる国で育ちました。私はスポーツを楽しみ、希望の進路を追い求めることができました。

私はリプロダクティヴ・ヘルスケアにアクセスして、自分が決断した時に子供をもち家族生活をスタートする時期を選ぶことができます。

そしてゲイとレズビアンの友人たちは同性婚の権利を全米で獲得しました」

出典 http://mess-y.com

「しかし世界における18億人もの若者たちはそれほど恵まれてはいません。世界には大人への移行期に、ジェンダー間の平等、教育機会の獲得、公共医療に関する乗り越えがたい困難に直面する多くの若者が存在します」

出典 http://mess-y.com

「すべての少女と少年が学びと夢を追うことにおいて、成長をめざす平等なスタートを切る重要性を皆が理解するよう、我々は努める必要があります。

今こそ今日の十代、二十代の若者たちが求めるものを明言するのに最適な機会です。この要求を軽視することは容認されません。そのことによってその世代そのものをダメにしてしまう危険性があるからです」

出典 http://mess-y.com

ダイアナの言う「リプロダクティヴ・ヘルスケア」とは性と生殖に関する健康管理のことで、

主に取り組まれているのが、誰とセックスをするかしないか、子供を産むか産まないか、どのような保険医療サービスを受けるか受けないかに関する女性の自己決定権にまつわる問題である。

このリプロダクティヴ・ヘルスライツが女性から奪われている国はまだまだ多く、そしてそれはたいてい女子から教育の機会を奪うこととセットで起きている。

教育の機会を与えて個人の自己決定権をもつ重要性を女性たちが知ってしまったら、自分を犠牲にして第三者の思惑どおりに動いてはくれないからだ。

私が秋元氏の歌詞に一番問題を感じたのは

「女の子は恋が仕事よ ママになるまで子供でいい」

という部分である。リプロダクティヴ・ヘルスライツを奪われた少女たちの人生はこの言葉のとおり、思春期や青年期がなく子供からいきなり母になる。そしてそれでいい、と彼が軽々と言い放つことにも暗澹たる気持ちになった。

米国のファーストレディーであるミシェル・オバマが熱心に取り組んでいる活動に“Let Girls Learn(女子教育普及運動)”がある。

母親が中等以上の教育を受けることで新生児の死亡率、HIV感染率は格段に減少し、乳児の栄養状態は改善する。

それだけでなく自分の世界を広げられた少女がその生まれ育った環境によってその機会を奪われていること自体も問題視しているのだ。

その啓蒙活動のために彼女は世界各国を訪問しており、こういった問題意識は先進国の人間なら当然に共有していなければいけない。

秋元氏ほどの立場にいる人間がこういったことも知らないのか、または軽視しているのか。どちらにしろ日本のエンターテイメント界を代表する地位にいるいい歳の大人であるにもかかわらず、

彼が勝手に「難しいことは何も考えない」というイメージを仮託した20代の女性が持つ問題意識を、持っていないというのははっきり恥ずべきことだと断言していいだろう。

秋元氏は芸能界においても現政権に近い立場にいて来る東京オリンピック開催式にも関わるとの見方がある。これほど浅薄な認識の持ち主が世界に向けて彼のプロデュースによるショーを披露するのははたして適切と言えるのだろうか。

『glee』という作品を愚弄されただけでなく、彼がポピュラーソングを通じて今後も日本の若者たち、子供たちに影響を与え続けること、そして彼の価値観が社会的地位を得る可能性を考えると、これは非常に憂慮すべき事態だと思わざるを得ない。

ただひとつ、これに対して多くの批判があがったことだけが救いである。その中には『glee』のそしてダイアナのファンの若者たちが多くいる。

先のダイアナのスピーチの存在もそんなダイアナファンの若い女性がツイートして拡散してくれたものである。

実際の彼女のファンたちは彼女の聡明さ、真摯に世の中を変えようとする熱意にも魅力を感じ、それを継承していることを付け加えてこの文章を終えたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス