16年間、アメリカ、シアトルで過ごしたという…帰国子女であり、ユーチューバーでもある、“吉田ちか”さんがYouTubeにアップした

災害時に使える英会話

これが、是非とも覚えたい…とっても役立つ英会話だったので紹介したいと思います。

2016年4月14日に起こった『熊本地震』を目の当たりに、少しでも力になれればと思い動画を撮影したという…ちかさん。なお、災害時に使える英会話のフレーズは、Twitterを使って募集したのだそうで、そのフレーズの数々は、どれも災害時に非常に役立つモノばかりとなっています。

『Are you okay?(大丈夫ですか?)』

英語が得意な方にとっては、簡単すぎるフレーズかもしれませんが、咄嗟に出てこない方も多い

Are you okay?(大丈夫ですか?)

というフレーズ。

Are you all right?(大丈夫ですか?)

でも、ほとんど同じ意味ですが、たったこの1フレーズで、どれだけ外国人の方々に安心感を与えるか…もはや言うまでもありませんよね。また、英語が得意な方でも、日頃使わないような単語となると、戸惑ってしまいがちなのでは?

ちなみに…

『避難所に行きましょう』

というフレーズ。英語で言えますか?

大規模な地震の際、必ず使うであろう…この言葉。

英語で言うと…

Let's go to the evacuation center.

が正解です。また、避難所という単語の“evacuation center”を

emergency shelter

と変えても、十分に伝わるそうです。

他にも

公民館で食べ物を配給していますよ!』

という…

日頃、なかなか使わないフレーズや…

『建物から離れてください!』

という、危険を知らせるフレーズまで

災害現場で必ず役立つであろう…英会話フレーズの数々。では、発音等にも注目しながら、災害時に知っておきたい英会話。どうぞご覧ください!

出典 YouTube

これは覚えておいて損はない!

遠く離れた異国の地『日本』で生活する外国人たち。そんな彼らが災害に巻き込まれた時

We'll get through this together.(一緒に乗り越えましょう)

と声をかけられたら、どれほど彼らは勇気づけられるか。自分がもし、海外で被災にあったと想定したら、その言葉のありがたさ…十分理解出来るのではないでしょうか?

200万人以上の外国人が暮らす日本。いつ、どこで災害が起きるか分からないので、最低限、この“災害時に役立つ英会話フレーズ”だけは…覚えておきたいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス