記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年4月に診療報酬改定が行われると、話題となっています。薬局で支払う自己負担額など、改定され変更されている点があります。

今回の診療報酬改定の要件の理解を深められるように、薬剤師の吉澤先生よりお話をいただきました。『お薬手帳編』と『かかりつけ薬剤師編』の全2回に渡ってお届けします。
ここでは後編「かかりつけ薬剤師」についてお伝えします。

かかりつけ薬剤師とは?

この4月に行われた診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師指導料」が新設されました。

『かかりつけ薬剤師』と言われても、どういうことだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
厚生労働省からは、下記のような説明があります。

かかりつけ薬剤師は、患者の服薬状況を一元的・継続的に把握し、それに基づき患者へ指導等を行う。また、得られた患者情報に基づき、かかりつけ医に服薬情報等を報告するとともに、薬学的見地から処方内容の疑義照会や処方提案等を行う。

出典 http://www.mhlw.go.jp

言い換えると、「かかりつけ薬剤師が、患者が受診する複数の医療機関から処方されている薬を全て把握したうえで薬剤指導を行う。その結果を処方医にフィードバックし、処方の提案も行う。」ということです。

実際の業務は、以下のとおりです。

(1) 服用歴管理指導料に係る業務
(2) 患者が受診している全ての保険医療機関、服用薬等の情報を把握
(3) 当該患者から24時間相談に応じる体制を取る
(4) 調剤後も患者の服薬状況、指導等の内容を処方医に情報提供し、必要に応じて処方提案
(5) 必要に応じて患家を訪問して服用薬の整理

出典 http://www.mhlw.go.jp

原則、患者の薬に関する相談は24時間受けます。
また、必要に応じて患者宅を訪問し残薬のチェックや薬の整理をし重複投与などを防ぐこともします。

条件を満たした薬剤師のみかかりつけ薬剤師となれる!?

すべての薬剤師が『かかりつけ薬剤師』になれるわけではありません。
かかりつけ薬剤師となるためには、薬剤師として一定の条件を満たす必要があります。

≪かかりつけ薬剤師になるための条件≫

・保険薬剤師として3年以上の薬局勤務経験
・当該保険薬局に週32時間以上勤務
・当該保険薬局に半年以上の在籍
・認定薬剤師の取得
・医療に係る地域活動への参加

出典 http://www.mhlw.go.jp

患者は、かかりつけ薬剤師として信頼できる薬剤師を「指名」できるということです。

なお、かかりつけ薬剤師を持つには、「同意書」の提出が必要です。
「同意書」を受け取って『かかりつけ薬剤師』となった薬剤師は、患者に24時間連絡可能な携帯番号と勤務状況を把握してもらうために「勤務表」を渡します。

かかりつけ薬剤師指導料の加算による窓口負担は?

かかりつけ薬剤師指導料は1回が70点です。
健康保険の負担が3割負担であれば1回の窓口負担は210円、1割負担であれば70円となります。

この窓口負担額が患者にとって安いか高いかは、薬剤師の資質によっても違ってくるでしょう。

≪人に嫌われることを極端に怖がっていませんか?≫
強い不安や、緊張に襲われる…【対人恐怖症】診断

【薬剤師からのアドバイス】

かかりつけ薬剤師の新設によって得られるメリットは以下のようなものがあります。
・患者がかかりつけ薬剤師を持つことで安全に薬を服用し治療できること
・かかりつけ薬剤師が患者の薬の管理をすることで国の医療費の削減に繋がること

しかし、「かかりつけ薬剤師として24時の電話対応」や「勤務表」を渡すことで場合によっては不都合な状況が生まれることも危惧されます。場合によっては今後、業務の見直しがされる可能性もあるかもしれません。

また、薬局や薬剤師にとっても初めての取り組みのため、現場での混乱も予想されます。
まずは患者にとってのかかりつけ薬剤師の意義や利用にあたって窓口自己負担がどう変わるかなどを含め、今回の診療報酬改定について理解を深めていけるといいですね。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス