エクアドル地震で刑務所から受刑者が脱走

出典 http://www.afpbb.com

熊本を中心とした今回の地震。未だ震度5クラスの余震も発生し予断の許さない状況ですが、地球の裏側の南米エクアドルでも大きな地震が発生し、死者が300人以上出るという事態になっています。

そんな中、エクアドルの刑務所では、この混乱に乗じて受刑者100名が脱走している事が分かりました。

脱走劇があったのは同国西部の町ポルトビエホ(Portoviejo)。脱走者のうち、これまでに約30人は拘束され、数人は自ら刑務所に戻ったが、残りは現在も逃走を続けていて警察が行方を追っているという。

出典 http://www.afpbb.com

このように既に約30人が拘束されているようですが、いまだ残りの受刑者は逃走中とのこと。

このニュースを聞いてきっと多くの皆さんが持たれた感想があると思います。
それは、

熊本では大丈夫なんだろうか?

という疑問。やっぱり比べてしまうので、熊本など日本の被災地の状況が心配になりますよね。実は熊本ではどうなっているかというと…。

実は熊本では…

近隣住民約150人を受け入れ

出典 https://www.google.co.jp

熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民約150人を受け入れている。法務省によると、刑務所が災害時に住民の避難場所になるのは初めて。同省幹部は「水や食料が十分にあり、避難者がいる限りケアを続けたい」と話している

出典 http://this.kiji.is

なんと、むしろ施設を開放し近隣住民を受け入れているらしいんです。

16日未明の地震後に地域の人が一気に訪れ、一時は約250人が身を寄せた。福岡や山口、広島から職員が応援に入り支援に当たっている。

刑務所自体は、外塀にひびが入ったり、作業場の蛍光灯が落ちたりしたものの、人的被害や受刑者の混乱はなかった。刑務所は災害救助法の適用外のため非常食を多く蓄えていたほか、水は井戸水を使っていたため、避難者が食料や水に困ることはなかった。中には、会員制交流サイト(SNS)の投稿で井戸水がもらえると知って遠くから訪れた人もいた

出典 http://this.kiji.is

災害救助法の条文を見ると「この法律は、災害に際して、国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体及び国民の協力の下に、応急的に、必要な救助を行い、被災者の保護と社会の秩序の保全を図ることを目的とする」となっています。

また、その対象は「都道府県知事が、政令で定める程度の災害が発生した市町村の区域内において当該災害により被害を受け、現に救助を必要とする者」となっています。

この対象に刑務所は含まれていないんですね。初めて知りました。それゆえ備えもしっかりとしているという事のようです。

■このニュースに大きな反響が

もちろん、解放は職員用の武道場

決して刑務所全体を開放したわけではないですよ。

なんかスゴイ

単純に驚きです。

日本はいい国

たしかに、なんだか安心します。

感心する

こういう臨機応変な対応が出来るのは素晴らしいですね。

興味深い

国民性なのか、熊本も状況が異なり脱獄できる状態ならば同じになるのか…。いずれにせよ興味深いです。

実は一番安心かも

確かに刑務所ということで、施設の強度もしっかりしているでしょうし、先の災害救助法の対象外ということもあり備蓄も多いらしいので、ある意味最強の避難場所かもしれません。

実際、同刑務所は自家発電設備や井戸を備えており、また、不足しがちの食材も他の刑務所の協力で確保できるようす。自家発電設備、井戸完備で、独自の刑務所ネットワークで食料確保も出来る。災害救助法の対象外とはいえ、なんだかすごい場所です。

■東日本大震災の時も…

「建物が倒壊して受刑者が逃亡し、社会不安が広がることのないよう頑丈に作られているので、ここら一帯では一番安全な場所といっていい。津波の浸水も建物損壊もほとんどありませんでした」

若林区の避難所では大勢の人が寒さに耐え、ままならない物資補給のため、わずかな食料で耐乏生活を強いられている。そこで気になるのが、受刑者たちの食生活だ。

「所内にはコメや市販の食料品など大量の備蓄がありますので、通常時と変わりなく、栄養バランスが偏らないように気を遣ったメニューを提供しています。毎日きっちり3食出していますよ」

(中略)

「刑務官は受刑者用の備蓄食品を食べるわけにはいきません。物資不足ですので、食事もろくにとれないまま、余震の警戒のために、震災当日からほとんど休みなしで働いている状態です」

出典 http://www.news-postseven.com

200人以上の遺体が発見された仙台・若林区の荒浜海岸から5kmほどの場所に宮城刑務所・仙台拘置支所での話。

Wikipediaによると、そもそも日本は世界でまれにみる脱獄の少ない国で、ここ20年ほどの間、脱獄は年間3件以下で推移しているらしいです。こういう刑務所の特別な体制を見ると、日本人の性質というよりは脱獄することのデメリットが大きすぎるのが原因かもしれません。

日本はすごいと思うと同時に、ちょっと複雑な心境です。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス