イタリア南部ナポリにはマフィアが多く、マフィアがらみの事件が絶えないと聞きます。そのナポリを拠点とするマフィア組織「Camorra(カモッラ)」のボス、Roberto Manganiello(ロベルト・マンガニエロ)35歳は「イタリアで最も凶悪な人物100人の1人」と言われており、2013年にマフィア同士の抗争で2人を殺害して以来、逃亡し続けてきました。

潜伏先でサッカーの試合を見ていた容疑者

Licensed by gettyimages ®

この凶悪マフィアボスは、Orta di Atella(オルタ・ディ・アテッラ)にある潜伏先のアパートで薬物や違法の取引をしながら逃亡生活を続けていたそう。ところが、ある日テレビでミラノ対ナポリのサッカーの試合を見ていた容疑者、「やっぱりサッカー観戦にはピザ」と思ったのか、ピザをオーダー。

その行為にレッドカードが出ていたとも知らずに…。

デリバリースタッフに扮した警察が容疑者を逮捕

出典 https://twitter.com

ものすごく普通にピザのデリバリーを頼んでしまった容疑者。そしてピザをデリバリーしたのは警察官だったのです。というわけであっけなく御用となってしまったロベルト容疑者ですが、マフィアのボスにしては何の抵抗も見せず、あっさりと事件は解決。

ピザを食べられなかった空腹感が抵抗力を失わせたのか…。写真では隣の警官の方がなんだか怖そうなほど。(笑)

この緊張感がまるでない凶悪マフィアのボスが逮捕された時の写真がSNSで拡散し、自分が逃亡中であることをうっかり忘れ「サッカーにはピザの組み合わせ」を外せなかったマヌケな容疑者として今、各メディアで話題になっています。

これから暫くは刑務所の中でピザが恋しい生活を送らなければいけないのでしょうが、自業自得だから仕方ないですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス