記事提供:conobie

泣きたいときも怒りたいときもたくさんあるのに、いつも家族のことを考えて明るく笑っているお母さん。

家族のためと思っているけれど、本当にそれでいいのでしょうか?泣いたり怒ったりする方が、家族に良いこともあるかも知れませんよ。

お母さんは「太陽」ですか?

ベビーマッサージ講師として、活動を始めて7年半。

たくさんのママたちから育児相談を受けてきました。

その中で、「しんどいときにも、母親は笑顔でがんばらなくてはいけない」という声をときどき耳にします。

どんなに体調がわるくても、イライラしていても、疲れていても、お母さんはがんばらなくてはいけない。

なぜなら「母親は太陽だから」

多くのお母さんがそうおっしゃいます。家族を照らす太陽でいたいから。自分はいつも笑顔でいたいんです、と。

素晴らしいことだと思いますが、果たしてそれでいいのでしょうか。

もしその太陽が無理して笑っていたら?

本当はつらくてしんどくて泣きたいのに、無理してがんばっているのだとしたら?

わたしはやっぱり休ませてあげたい、そう思うのです。

イライラするときだって、がんばれないときだってある

だって、わたしたちは人間ですもの。

太陽じゃない。ずっと照らし続けることなんてできません。

人が生きていくにはバランスが大切です。

光があって影があるように、動があって静がある。笑顔もあれば、怒りも悲しみもある。

子どもや家族と暮らす喜びもあれば、つらいときも、泣きたいときも、イライラするときも、がんばれないときもあって、当然なんです。

曇りの日や雨の日があるから、晴れの日に笑顔で過ごせるのです。

それでも、あたたかい光で家族を照らし続けている理由

わたしはツイッターをやっているのですが、直接お会いする方に比べて、Web上では「休みたい」と正直におっしゃる方が多い印象があります。

どうしてでしょうね。

現実よりもWebの方が、本音が言いやすいのかも知れません。

そんなツイッターで数年前につぶやいた言葉で、とても大きな反響があったものがあります。

2年以上前につぶやいた言葉なのですが、当時あっという間に2,000以上もリツイートされ、今でもときどきリツイートされ広がり続けています。

どうしてこの言葉にそんなに反響が集まったのか。

わたしなりに考えてみたのですが、「しんどくてもがんばっているけれど、やっぱり本当はそれを察して優しくしてほしいんだよ」と思うお母さんたちの願いの表れなのではないでしょうか。

母親は確かに強いです。

でも「母親なんだから強くて当たり前」と言われるのは違う。

強いのは当たり前のことなんかじゃなくて、本当は泣きたいときもあるし、イライラするときもあるけれど、それでもがんばっているんです。

愛する家族がいるから強くなるしかないんです!

もしお母さんがいつも笑っているのだとしたら、それはすごいこと。

強くて当たり前、太陽で当たり前なんて思わないでほしい。

でもだからと言って、心配をかけたい訳ではないから、今日もがんばってしまうのが、お母さんなのです。

どんな天気(感情)も受け入れて、歩いていきたい

天気にも人の心にも、太陽の日もあれば雨の日もあります。くもりの日もあるし、風が吹く日もある。

そして、お母さんにもいろんな日があり、子どもにもいろんな日があるのです。しかしそれを無視して「◯◯でなければいけない」とがんばり続けることは大変なこと。

わたしの大好きな絵本「マドレーヌと犬」の中に、「ふっても てっても」という言葉があります。

文字通り、雨が降っても太陽が照っても、という意味で、主人公のマドレーヌはどんな天気の日でも変わらず毎日散歩に行きます。

この言葉を読むと、人間らしいってこういうことだなあと思うのです。どんな天気(感情)も受け入れて、歩いていく。

いろんな日があるけれど、それでも毎日歩いていきませんか?

つらいときには泣いていいと伝えたいから、私は泣く

わたしには4月から小学5年生になった娘がいます。思春期の入り口です。

実は娘が3歳くらいの頃からずっと、まさに今くらいのこと、思春期になる頃のことを想像しながら子育てしてきました。

今のところ、身の回りでいじめが起きたという話は聞いていませんが、思春期になるとそろそろ、いついじめが起きてもおかしくないとは思っています。

もしも自分の娘がいじめられて帰ってきたときに、どんな態度をとってほしいか。

それを想像しながら子育てしてきました。

「どうしたの?何かあったの?」と尋ねたときに、本当はいじめられてつらいのに、にっこり笑って「ううん、何もないよ。大丈夫」と言ってほしいのか。それとも正直に「つらいよ。しんどいよ」と泣いて打ち明けてほしいのか。

わたしは後者です。娘がつらいときには、ちゃんと話してほしい。

だからそういう背中を見せてきました。

見せた背中の通りには育たないことは百も承知の上で、娘には素直に感情を出せる子になってほしいから。

自分ががんばりすぎないことで、「がんばりすぎなくていいんだよ」というメッセージを送り続けているつもりです。

外ではきっとがんばるだろうから、家では安心して弱音を吐いてほしい。

そう。きっと親ががんばっている姿を見せなくても、子どもはちゃんとがんばると思うのです。

そこは安心して子どもを信じてよいのではないでしょうか。

放っておいても子どもはがんばる。だから親にできることは、子どもが安心して泣いたり怒ったりできる環境づくり。

そのときに笑って迎えたり、一緒に泣いたり怒ったりできるように。

親も子も同じですね。言われなくてもがんばってる。

だからがんばりすぎずに、泣いたり笑ったりして生きていきましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス