・とても凶暴なスズメバチ

Licensed by gettyimages ®

外を出歩いていたらスズメバチが飛んできた…なんてことがあったらどうしますか。スズメバチはとても凶暴な蜂で有名、出くわしたら注意が必要なことは多くの方がご存知だと思います。

しかし、想像以上のスズメバチが我が家の洗濯物に現れたという方がいらっしゃいました。いったいどんなスズメバチが現れたのでしょうか。

・こちらです。

出典 https://twitter.com

え!?

・思わず叫ぶ

この大きさは何!?とビックリする人続出です。

・冗談はよしてよ

Licensed by gettyimages ®

尋常じゃない大きさ。「作り物でしょ?」「コラでしょ?(画像加工でしょ?)」と冗談だと思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、報告者の方はこれは本物だと別の角度からも写真を撮ってくれました。

・別の角度から

出典 https://twitter.com

…ええええ。

・ビックリしすぎてうまい感想が出てこない

とりあえず「何だこれ」となります。

・こちらも

出典 https://twitter.com

どういうこと!?デカすぎる!!怖すぎる!!

刺されたら確実にアウトな予感しかしません。

・スズメバチの恐ろしさをおさらい

スズメバチ亜科はハチの中でも比較的大型の種が多く、性質はおおむね攻撃性が高い。1匹の女王蜂を中心とした大きな社会を形成し、その防衛のために大型動物をも襲撃する。また凶暴かつ好戦的で積極的に刺してくることも多いことで知られるが、これは巣を守るためで、何もせずとも襲ってくるように見えるのは、人間が巣の近くにいることに気付かないためである。

スズメバチ科は4属67種が知られ、日本にはスズメバチ属7種、クロスズメバチ属5種、ホオナガスズメバチ属4種の合計3属16種[2]が生息する。スズメバチの刺害による死亡例は熊害や毒蛇の咬害によるそれを上回る。

出典 https://ja.wikipedia.org

ちなみにスズメバチはミツバチなどとは違って攻撃性が高いので少しの刺激で襲い掛かってきます。体が大きい分、攻撃力も高く死亡例は熊や蛇による被害よりも多いのです。一度標的になってしまうと大変なことになってしまいます。

・この事態を報告してくれた方のツイート

ただでさえ怖いスズメバチなのに、とにかく大きすぎてどうしたらいいのかわからないという嘆きのツイートです。こんなのに出くわしたら確かにパニックになってしまいます。

・こんなの初めて見た

ツイート主の方もデカすぎて唖然。セーターの肩の上に乗っています。恐ろしい。

・10cm以上ある…

このツイートを確認された方は10cm以上あるスズメバチに驚愕。そんな奴に刺されることを想像するとゾッとします。

・作りものだと疑われるはめに

そしてツイート主さんはこの写真が嘘なのではないのかと周りから疑われてしまいました。本物だということの証拠にたくさん写真を撮ったようです。

こんなに大きい蜂を見たことある人は少ないはず、疑いたくなる気持ちもわからなくないですね。

・スズメの大きさだから「スズメバチ」

なるほど、名づけの由来から考えるとスズメくらい大きいスズメバチがいても何らおかしくないということです。

・こういうときはどうしたらいいか

Licensed by gettyimages ®

では、具体的にこういったときはどう対処したらいいのでしょうか。

・服の中に入ったりもするので気を付けて!

服の中に潜んでいるのに気づかずに刺されたことがあるという方からの忠告です。しかし、こんだけ大きかったらさすがに服の中に入っていたら気づきそうですね。

・待つのが一番

素人では退治は難しく変に刺激しない方がいいですね。そっとしておくのが一番安全でしょう。

・この時期は女王蜂の可能性が高い

さらにこの時期に見かけるスズメバチは女王蜂の可能性が高いとのことです。

スズメバチは女王蜂以外、冬を越えることができません。働き蜂は皆、秋までに死んでしまいます。
4月、冬眠から目覚めたスズメバチの女王は、蜂の好む場所(種類により異なる)へ巣を作っていきます。
冬眠から覚めた女王蜂は弱っており、握ったりでもしなければほとんど刺すことはありません。冬からこの時期までが最もスズメバチがおとなしく、被害の少ない時期です。

出典 http://t-meister.jp

なるほど、冬を越せる蜂は女王蜂だけなのですね。冬眠から覚めたばかりなのでこちらから攻撃しなければ襲われることは少なそうです。

これだけ大きい蜂ですが少しだけホッとしました。

・いかがでしたか。

出典 https://twitter.com

あまりの大きさに腰が抜けてしまいましたが、こういった場面に出くわした時も冷静に対処したいものですね。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス