記事提供:長谷川豊 公式ブログ

堀江貴文氏や本田圭佑氏が「過剰な自主規制」に対して苦言を呈していました。

堀江氏の件に関していえば、堀江氏が出演予定だった「ネットTV」のマージャン番組が取りやめになってしまったそうです。

これはさすがに堀江氏の意見が正しく、地上波テレビでもなんでもない「ネットテレビ局」が、今回の地震発生に際して放送をやめることはさすがに適切とは言いにくい部分があります。

堀江氏のようにスケジュールを押さえられていた人間もいたでしょうし、その当人が苦言を呈したくなるのは当然のことだと思います。

逆に、地上波のテレビ局はその多大な影響力を行使できる観点からいくつもの制約があり、それらは「放送法」にまとめられています。

「放送を公共の福祉に適合するように規律すること」

「放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること」

などはその「放送法」の大前提の部分に記されていて…難しく書いてありますが、要は「日本の、国民のために役立ちなさい」ってことだと思っておいてください。当たり前ですね。

なので、地上波放送が今回のような大災害が発生したときに、かなりの放送時間を割いて災害報道一色になることは当然の責務です。

「九州の話ばっかりやってないで、他の放送もしてくれよ~」って意見もとてもよく分かりますが、そこは一応、地上波放送の役目だったりするんです。

さて、では問題となっているのが「過剰な自主規制」に対して、です。

私は、これは2種類に分かれると思います。

一点目に「適切な自主規制」。

もう一点は「ノイジーマイノリティがうるさそうだし面倒だから、いったん全部辞めちゃえ」的自主規制。

堀江氏や本田氏が指摘しているのは後者の方ですね。実を言うと、今現在行われているほとんどのCMや番組の自主規制は後者となります。なので、批判されることは当然な気もします。

「適切な自主規制」に関していうと、東日本大震災が起きた直後に、あるテレビ局が大きな津波が襲い掛かってくるシーンが含まれるアメリカ映画を流す予定となっていたのですが、これを取りやめたことがありました。

東日本大震災では、多くの方々が被災し、また津波によって多数の尊い命が失われました。

ご遺族の心情、察するに余りあります。その傷も全く癒えていないタイミングで、ふとした瞬間にテレビをつけて、津波が襲い掛かってくるシーンが流れたら、ご遺族はどんな気持ちになるでしょうか?

今回の地震では、まだ余震が続いています。この状況の中で、一番守られるべきなのは被災者の方々であり、失われた命の周囲にいたご遺族の方々のお気持ちです。

彼らを傷つけるような放送…または傷つけてしまう可能性のわずかでもある放送は、私は地上波では取りやめて、いったん先に送るべきだろうと考えます。

テレビ局はあまりに強い力と影響力がありますから、出来る限り「優しく」「思いやりを持って」放送にあたるべきでしょう。

なので、単にゲラゲラ笑いながら、人を馬鹿にして笑いものにしたり、おフザケをするだけの放送も果たして…どうなのかなぁ…と考えてしまいます。

しかし、同時にテレビには、二つの大きな力があることを忘れてはいけません。

一つは「情報を多くの方々に届ける力」。

もう一つは「バラエティー番組などで多くの方々を笑顔にする力」。

ニュース番組や情報番組の多くのスタッフは、現在現地に飛んで必死に情報収集に当たっていることでしょう。どうか、日本全国に多くの情報が届けられるように、今まで通り頑張ってほしいと思います。

と、同時に、バラエティー番組やドラマなど、「娯楽的要素」の強いテレビ番組も、今こそ必要とされるべき時です。

今は多くの方々が癒しや笑顔を求めています。24時間、報道番組に付き合う必要もありません。人間である以上、気分転換はとても必要な行為です。

私のレギュラー出演している上沼恵美子さんと高田純次さんが司会を務める「クギズケ!」という番組も、今日のお昼に「通常放送」をいたしました。

司会の上沼恵美子さんが、「とっても本当はやりにくいんですよ?でも、笑顔も必要でしょうから、私たちはいつも通りにやろうと思っています」と番組冒頭で宣言。私たち、専門家チームも遠慮せずに、いつも通りの放送を心掛けました。

毎週、13%~16%という大変な視聴率を誇る同番組ですが、今週も多くの笑いと笑顔を届けることができたことでしょう。私もその一員に加わっていられることに誇りを感じます。

もちろん、同放送に対して何らかのクレームが来た、苦情が来た、などという情報は今のところ、全くありません。これからも来ないでしょう。

地震報道が一段落したら「ノイジーマイノリティ」について、当コラムでも少し記そうと考えていますが「苦情」や「クレーム」は時としてとても役に立ち、自分を裸の王様にせずにすむ素晴らしい助言者となりえます。

しかし「ノイジーマイノリティ」の声は「ただのイチャモン」であるために「無視しなければ逆にダメージとなってしまう」可能性が生じます。

え?あんな連中の言ってること、真に受けるくらいバカなんだ?

と受け止められてしまうんですね。昔、ウーマンリブ活動が盛んだったときに「過剰な男女平等」が謳われ、

海外のある国では「女性用の立ちション便器」が登場して世界の失笑を買ったことがあったそうですが、聞くべき苦情と「ただのイチャモン」は別です。

今回のように大災害が起きたときも同じように、冷静に「正確な判断」が求められます。

本当に災害現場を慮って、入れてきているクレームなのか?

それとも「災害現場を心配している自分が大好きで酔っているだけのノイジーマイノリティ」なのか?

CMの自主規制も同じです。

私は、現在行われている過剰なCMの自主規制の大半がカッコ悪くてしょうがないと感じています。

その大半は「別にそのCMによって被災者の方々が傷つくとは思えないCM」のはずだからです。そうやって「考えなしに」自主規制しているポーズだけを取っていると、

あぁ、あの企業ってこういう時にカッコだけつけて「乗っかる」バカな企業なんだな~

とバレてしまいます。「同情をしているフリ」をしているだけってのがネット社会ではバレてしまうんですね。

もともと、自社の製品が多くの方々のために役に立ち、多くの方々を幸せにしているんだ、と自信を持っていれば、現在の状況でCMの自主規制が行われることは「不自然」な状況でしかありません。

企業の皆さんも、あまり表面上だけの「ポーズ」は控えられた方がいいような気がします。

現在の状況では、多く言われている通りで、素人が勝手に物資を届けても、ボランティアと称して押し寄せても邪魔なだけでしょう。

私はふるさと納税を含む3か所ほどの機関に心ばかりの寄付をさせていただきました。結局、お金が一番、汎用性が効くだろうと判断したためです。

心配し、何かできることを考えることは大切ですが、出来ないことを見極めることも大切です。

被災された多くの方に、一刻も早い安心が戻ることを願います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス