低気圧の急速な発達に伴い、日本各地で強風が吹き荒れた4月17日。なお、気象庁によると、富山では瞬間風速38.7m、高知では31mと、台風並みの風を記録したそうなのですが…

そんな中、瞬間風速29.7mを記録した兵庫県明石市の、目と鼻の先にある

『淡路サービスエリアの観覧車』

これが強風によって、とんでもない事になっていたと、Twitterで話題になっていたので紹介したいと思います。

↑コチラが、明石海峡大橋や神戸空港まで見渡せるという…全高65m、1周約12分の大観覧車。また、夜はライトアップされ、デートスポットしても有名な場所なのだそうですが、強風によって激変したデートスポットは、もはや観覧車と呼べる代物ではなく、完全に“絶叫マシーン”と化していました。

赤い○で囲んだゴンドラ。ちょうど一番真上で止まっているのですが…

強風に煽られたゴンドラは

激しく揺れていたかと思うと…

次の瞬間!

なんと一回転!

もちろん、強風によって大観覧車は営業していなかったそうなのですが、もし営業していたら…これはどんな絶叫マシーンよりも怖いですよね。(笑)

そして、さらに加速がついたゴンドラは、止まることなく回転を続け…

もはや手がつけられない状態に!では、世界一怖いであろう…観覧車。ご覧ください!

出典 YouTube

記事作成時、動画は公開されていたのですが、その後、投稿者が『非公開設定』にした為、YouTubeにアップされていた動画をアップ致しました。もし、投稿者が設定を今一度『公開設定』にするような事があれば、Twiiterの動画と差し替えさせて頂きます。

これはヤバイ!

なぜ、あの観覧車だけがグルグルと回っているのかは不明ですが、まるで意志を持っているかのように回り続ける観覧車。お客が乗っていなかったからよかったものの、もし営業中だったら…乗ったお客さんは、一生トラウマになっていたに違いありませんね。

たくさんのコメントが寄せられていましたが、ゴンドラがグルグル回るというのは

観覧車強風あるある

だそうで、強風で回転する構造のゴンドラは普通に存在するとのこと。なお、もっとグルグル回る観覧車動画もありましたので、ソチラも是非ご覧ください!

出典 YouTube

世界一の絶叫マシーン…ここに現る!

今までに見た絶叫マシーンの中で最も怖い“淡路サービスエリアの大観覧車”。これは

恐怖の観覧車

として、未来永劫…語り継がれていくことでしょうね。(笑)

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス