経験者から学ぶ

あの「東日本大震災」で避難生活を経験した宮城県のイラストレーター&漫画家である「アベナオミ【育休中】LINEスタンプ販売」さん(←彼女のツイッターです)。熊本を大きな地震が襲った後、ツイッターで拡散したこのイラストが今「リツイート」や「いいね」で凄いことになっています。

出典 https://twitter.com

アベナオミ【育休中】LINEスタンプ販売」さんのツイッターのプロフィールから
↓    ↓

【ぼんやり育休中】イラストレーターと漫画家、広告作るパートと子育て中のお母ちゃん。●イラストやマンガを担当した書籍はこちら→http://abenaomi.exblog.jp/i10/●LINEスタンプ販売中https://store.line.me/stickershop/author/45095/ja…●実家のネコが不調ツイートは地震注意報です。
宮城県
abenaomi.exblog.jp

出典 https://twitter.com

出典 http://ameblo.jp

あの世界に衝撃を与えた「東日本大震災」のときに、避難生活をしていた中で発見した、日用品等その場にある物で工夫して生活を送るイラストが、ツイッター上で拡散しています。

今回の「熊本」での大地震以外にも、今後災害等があった際に役立つことも多いかと思います。

※「東日本大震災」の避難生活の写真です。

「3月11日の記録①」

出典 https://twitter.com

ペットボトルのサイズごとの使い方、ベビー用おしり拭きがあちこちで役立つ、野菜不足のビタミン源、下着不足のアイデア、意外なペットシートの使い方などなど、今そこにあるモノ、救援物資で届いたモノを工夫すると、たくさんの使い道があることが分かってきます。

地震があまりない地域でも、今の日本ではいつどこで起こっても不思議ではありません。地震以外にもさまざまな自然災害はありますので、人ごととは思わず頭に入れておくといいでしょう。

実際に避難所等で生活した人々は、心強いです。

「3月11日の記録②」

出典 https://twitter.com

誰もが持っている携帯電話やスマホもアレがあれば使える!、懐中電灯にもなる!

そして安否確認で大活躍した当時のSNS。「生きてますなう」に安心。日々災害時に家族で連絡を取るSNSなどを決めておくのもいいかもしれません。

さらには、地震に備える身近な家づくり。リュックの中身と服装(季節にもよります)などなど事前に知っておくと本当に助かるものばかりです。

避難生活をしている人々は、「そういうものではなく、ああいうものが必要!」という決定的なものがあるという話も最近聞きました。「なに」が「いま」必要なのかという避難所の生の声が、被災していない我々にもすぐに伝わるといいのですが…。

「そういうのがあるといいのかぁ…」と栄養面での代替えも大変勉強になりますね。

人間生きるには、栄養も必要です。食材の栄養等も普段から心がけて知るようにしてみましょう。

このイラストから救援物資のヒントも得られますね。本当に必要なもの、代替え的な役割を果たせるもの、色んな使い道があるものはぜひ被災地のみんなに届いてもらいたいです。

当時も情報が錯綜していましたが、経験者が真実をこうして出してくれると本当に役立ちます。

出典 http://www.ohara-toshihiro.com

※「東日本大震災」の避難生活の写真です。

経験者たちが実際の被災生活をシェアしてくれることは、今後のわたしたちの震災に対する心構えも違ってきます。

もちろんイラスト内の全てが、全ての避難生活等に役立つかや当てはまるかは分かりませんが、少なくとも、震災が起こったときの生活はこうだ、少ないモノでいろいろな知恵を絞ることができるなど知っておくことが重要だと感じます。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス