「シリアルキラー展」が、6月9日から東京・銀座で開催

「シリアルキラー」という意味をご存知でしょうか?

単独の連続殺人犯のことを指しますが、そのシリアルキラーが生涯の内に描いた作品を展示するイベントが東京で開催することがきまりました。

『HNコレクション「シリアルキラー展」』が、6月9日から東京・銀座のヴァニラ画廊で開催される。

出典 http://www.cinra.net

「シリアルキラー展」とは?

シリアルキラー展とは、連続殺人を実行した犯罪者たちが残した作品やその関連資料などを展示する会です。

世界各国の凶悪犯罪を犯したシリアルキラーたちの作品、セルフポートレート、手紙、資料等、あらゆるコレクションアイテムを蒐集しているHN氏の200点以上に渡るコレクション大公開いたします。

出典 http://www.vanilla-gallery.com

コレクター・HNさんの200点以上に渡るコレクション

シリアルキラー達の作品をコレクションしているHNという人物。なんと作品は200点にも及びます。

目を背けたくなるような凶行を行った殺人者たちの描く世界は、まるで見るものの心の淵を覗きこむような凄み、寂寥感、無常感、そして得体の知れないものと対峙した時のような緊張感に溢れています。

今回の展覧会では、シリアルキラー達の作品に焦点を当て、解説を含めた膨大な資料と共に展示いたします。

出典 http://www.vanilla-gallery.com

展示される作品を描いた凶悪犯たちはどんな人物だったのか…

数十人ものシリアルキラーの展示物を見ることができますが、その中でも各国を震撼させた凶悪犯罪者を一部ご紹介します。

ジョン・ウェイン・ゲイシー

ジョン・ウェイン・ゲイシー(JohnWayne Gacy,1942年3月17日-1994年5月10日)は、アメリカ合衆国生まれの連続殺人者。子供たちを楽しませるため、パーティなどでピエロに扮することが多かったことからキラー・クラウン(殺人道化、殺人ピエロ)の異名を持つ。

出典 https://ja.wikipedia.org

シリアルキラーの中でも有名な人物ではないでしょうか。 逮捕されるまで33人の少年を殺害しました。

スティーヴン・キングの小説「IT」に登場する、殺人鬼・ペニーワイズのモデルとなったのがこの人です。

エド・ゲイン

エド・ゲイン(EdGein、本名はエドワード・セオドア・ゲイン〈EdwardTheodore Gein〉、1906年8月27日-1984年7月26日)は、アメリカ合衆国の殺人者、墓荒らしである。彼の犯罪は、彼が地元の墓場から掘り返した死体で作り出した恐ろしい「戦利品」と「記念品」を警察当局に発見されたことで名を馳せた。彼の有罪判決は2人の人間の殺害のみであるにもかかわらず、しばしば連続殺人者と呼ばれる。

出典 https://ja.wikipedia.org

彼は自分が殺した人の遺体で、ランプシェイドやブレスレットを作り出した殺人鬼です。

ヘンリー・リー・ルーカス

ヘンリー・リー・ルーカス(HenryLee Lucas,1936年8月23日-2001年3月13日)は、アメリカ合衆国の連続殺人犯。全米17州で300人以上を殺害していると言われる。著名なシリアルキラーの1人であり、トマス・ハリスの作品に登場する連続殺人者、ハンニバル・レクターのモデルの1人。

出典 https://ja.wikipedia.org

母親からの虐待が彼に影響を与えたと思われます。「女は存在する必要がない。だから見つければ全て殺す。要するに俺はいいことをしたって訳さ。」「殺人は息をするのと同じだった。」とこのように語っていたそうです。

テッド・バンディ

バンディは、1974年から1978年にかけて、全米でおびただしい数の若い女性を殺害した。被害者の正確な総数はわかっていないが、彼は10年間にわたる否認を続けた後、30人を超える殺人を犯したと自白している。彼は原型的なアメリカのシリアルキラーとして考察される。

出典 https://ja.wikipedia.org

女性を殴るなどして気絶させた後に暴行し、その後殺害するのが彼の手口でした。IQは160もあったとされる人物です。

ピーター・サトクリフ

ピーター・ウィリアム・サトクリフ(PeterWilliam Sutcliffe,1946年6月2日-)は、1975年7月から5年間に渡り、13人を殺害、重軽傷7人を出したイギリスのシリアルキラー。売春婦連続惨殺事件の犯人として有名な切り裂きジャックと酷似していたことから、ヨークシャー・リッパー(ヨークシャーの切り裂き魔)と呼ばれた。

出典 https://ja.wikipedia.org

売春婦に強い偏見を持っていた人物です。ハンマーなどで殴打した後にナイフで刺殺するのが手口でした。

「シリアルキラー展」は6月9日から!

シリアルキラー展は約1ヶ月です。気になる人はヴァニラ画廊のホームページを確認してみましょう!

「シリアルキラー展」

日時 2016年6月9日(木)から7月10日(日)

場所 ヴァニラ画廊(東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F)

営業時間 月〜土12:00〜19:00 日曜日 12:00〜17:00会期中無休/入場は閉館の30分前まで

入場料 1,900円(展覧会特別パンフレット付)

出典 http://kai-you.net

連続殺人鬼が残した作品など、普段では見ることができないものが展示されるので興味を惹かれる人も多いのではないでしょうか。

どのような作品が公開されるのか、注目が高まります。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス