断層を個別に見るのではなく、全体的に見たら…

今回発生した熊本地震の断層が、中央構造線に影響があるのではないかという説があるそうです。どのように影響するのか、しないのかはっきりとしたことというのは、断言できない部分が自然現象のため強いようですが、九州地方だけに影響があるというわけではなさそうです。

そこで、中央構造線と熊本地震の関係性について注目してみました。

そもそも、断層と地震の関係とは?

地面を掘り下げていくと最後は固い岩の層にぶつかりますが、この岩の中にはたくさんの割れ目があります。通常、この割れ目はお互いしっかりかみ合っていますが、ここに「大きな力」が加えられると、割れ目が再び壊れてずれます。この壊れてずれる現象を「断層」活動といい、そのずれた衝撃が震動として地面に伝わったものが地震です。

出典 http://www.gsi.go.jp

断層が物理的にぶつかって、動いた衝撃が「地震」なのだそうです。
つまり、地面は動いているということです。

常日頃動いていたとしても衝撃が小さけれ地震として体感できるものではなく、大きな振動となってしまったときは地表にまで影響を及ぼすようです。結果として、衝撃が地表に出た場合、いわゆる断層直下に家屋があると壊滅的な被害を受けやすいといわれています。

断層は長ければ長いほど、大地震を起こす…?

 断層の長さが長いものほど、大きな地震を起こす可能性があります。これまでの日本の内陸直下地震の例では、M7級の地震では長さ20㎞程度、M8級の地震では長さ80㎞程度の範囲にわたって地表のずれ(地表地震断層)が現れている例があります。

出典 http://www.gsi.go.jp

断層の長さが大きな地震を起こすというような現象があるようです。

ただ、こういった現象は自然現象なので、必ず・絶対とは言い切れないと思います。ただ、そういった傾向があるという点では、今回の熊本地震に関しては、より注意しておいたほうがいいのではと感じてしまいます。

震源地が移動した?!熊本から大分へ でもそれって…

震源地が移動するというのは不思議な現象に感じましたが、実際には断層に沿っているだけですので不思議ではないようです。ただ、もしこのまま震源地が移動が「普通に起こってしまう現象」となってしまうのであれば、九州地方だけではない危険性を含んだ地震の流れであるとなると、今からしっかりと備えをしておく必要があるかもしれません。

地震が起きた震度を表している図と、中央構造線のラインが沿っているということがなによりも気になってしまう点です。

今後の完璧な予測なんて不可能!備えあれば憂いなし!

通信手段でもあり、情報を得る手段となったスマホや携帯電話の充電器がないといった声が多くあるようです。ソーラー発電タイプの携帯充電器がありますので、備えておくといいと思います。

また、普段コンタクトを使用している方でも、メガネを用意しておくといいでしょう。
突発的な避難をする際に、コンタクトを装着する余裕はありません。
パッと手にできるように枕元においておくことをオススメします。

懐中電灯だけでは光量が少ない可能性が高いため、ランタンといったタイプのほうがいいかもしれません。

様々なものを集めようとするとこんがらがってしまいますが、キャンプに行くと考えて用意すると自炊ができるようになるのでオススメです。非常用グッズや非常食を用意していない場合は、しっかりと事前に準備をしておきましょう。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス