全員女の『ゴーストバスターズ』だって?!

科学者たちがニューヨークの街をゴーストから救ったのは、今から30年前のこと。
映画『ゴーストバスターズ』が再びスクリーンによみがえる。

今作で幽霊退治を行うのは、全員女性の新生ゴーストバスターズ。あのマーク!あの音楽!あのつなぎ姿! ゴースト捕獲装置プロトンパックを装着し、この夏、ゴーストたちをバスター開始する。

さらに、なにやらイケメン(クリス・ヘムズワース)も入社して絶好調の彼女たちは、青白く光るゴーストたちや緑色のスライマーの退治に奮闘していく。

小学生のころ、ゴーストバスターズに入ることを夢見ていた僕は、地下鉄の壁にスプレーペイントされた“NO GHOSTマーク”を観ただけで夏が待ち切れなくなってしまった。日本公開は8月19日。

出典 YouTube

『ゴーストバスターズ』
監督:ポール・フェイグ  
製作:アイヴァン・ライントマン(『ゴーストバスターズ』シリーズ監督)  
全米公開:7月15日
キャスト:クリステン・ウィグ(『オデッセイ』)、メリッサ・マッカーシー(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)、ケイト・マッキノン(『テッド2』)、レスリー・ジョーンズ(「サタデー・ナイト・ライブ」)、クリス・ヘムズワース(『アベンジャーズ』)

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス