Twitterユーザーの「ゆとりん」さんが、あるお家の前で見かけた張り紙。その内容が恐ろしすぎると話題になっています。

どうやらその張り紙は、そのお宅の室外に置いてあった「仏像」を盗んだと思われる犯人に向けたもの。

「仏像を盗んだ人へ…」と始まるそのメッセージの内容とは…

■その衝撃的な内容がこちら

仏像を盗んだ人へ

誰がか知りませんが、ここに置いてあった仏像が盗まれました。
仏像は呪われてましたので、外においてました。
とても残念です。
あなたに不幸が訪れない事をお祈りします。
(原文ママ)

仏像、呪われていたんですね…

■この恐ろしい張り紙にみんな戦慄

不浄不貞の輩だから当然

そもそもなんだその仏像は…

もう色々役が乗ってる感じ。

まあ、仏像盗んだらバチ当たるよね。

仏像とか、信仰があればあるだけ盗めませんよね。

いや、きっと浄化のためにお坊さんが…

Licensed by gettyimages ®

確かに。その線もあるか…も?

■過去には同じ様な事が…

四谷怪談所縁の神社でも

お岩さんで有名な四谷怪談。神主さんに言われるとさらに真実味があって恐ろしいですね。

三重大学人文学部のある研究室でも

国内で治療が出来ない呪い…、恐ろしい…。しかも研究室所有の神様とかリアルです。

■仏像の盗難は意外に多い

盗まれるのは重要文化財だけと思われるかもしれませんが、被害の大半は文化財の指定を受けていないものが多いのです。盗みやすく、売りさばきやすいことが原因と思われます。

出典 http://www.hanzai.net

重要文化財に指定された仏像だけではなく、そこら中にある誰も住んでいないお寺に祀られているような仏像もよく盗まれるようです。

「盗品だと判らずに購入する例はあり、古くて状態が良ければ1体5万~10万円程度で買い取ることが多い」とのこと。海外で価値が出る物も多く、古美術として海外に販売されることも多いのです。約9割が海外とも言われています。

出典 http://www.hanzai.net

1体5万~10万と、比較的高額で買い取られるようです。前述したように、人が住んでいないお寺から盗まれたものは犯行に気づくのが遅れるため、そのまま売られてしまうんですね。

どんなに野外に放置してあっても、勝手に持ち去っては行けませんね。とりあえず、犯人が呪われて大変なことになっていないことを祈りましょう…

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス