出典 http://ameblo.jp

記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

こんばんは。

片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

先日、ある方よりご一報をいただきました。

「伊藤さん、実はお金を磨き続けてこのたび、本を出版することになりました」とのこと。

伊藤は5年前から趣味で、「お金磨き」を、ほぼ毎日行っております。

ちなみにお金磨きは拝著の、

p71に本来の輝きに気づくプチワーク、という部分で簡単に掲載しております。

実際にやってみたい方は下記の動画で詳しく解説しております。

出典 YouTube

このお金磨きをやり始めたきっかけは、部屋が片付かないという背景に【お金の悩みを抱えている】という方が多いなと感じたことがきっかけでした。

実際にお金に困っていたり、お金に対して悪いイメージがあったり、「お金が大好きです!」と、胸を張って言うことに抵抗がある人が多かったり。

部屋が片付かない方々の多くが【お金は汚いもの】という強いイメージを持たれている傾向にあるなと感じた時に「簡単で楽しくお金のイメージを変えることができる方法はないかな?」と、考えたのです。

その時にふと持っていた小銭をみると…、「お金は汚いイメージがあるけど、物理的にも汚い…!!」ことに気がついたのです。

なので、単純にお金を磨いたらどうなるのかなと思って、試行錯誤しながらピカピカに磨き上げてみることにしました。

すると…、

驚くべき、ピカピカ具合!!

あまりにも美しくなったお金に感動をして以来毎日伊藤はお金を磨くようになったのです。

そして、ただただ磨けば美しくなることに感動してひたすらお金を磨き続けて3ヶ月が経った頃。

「自分の価値を大切にして生きなさい」という、一つのメッセージが舞い降りてきました。

磨き抜いて輝くお金は伊藤に何かをしてくれている訳ではありません。

なのに、何とも言えない喜びの感覚を与えてくれていた。

それを感じた時に、輝く状態で存在しているだけで何とも言えない影響力が生まれている、ことに気づきました。

そしてそのメッセージが降りてきて以降、伊藤の仕事のスタイルが抜本的に変わっていったのです。

それまでの伊藤は「人に対して何か喜ばれることをする」というような【直接的に相手に何かをする】ことこそが大切だと思っていました。

でも、そうではなくて自分の価値を大切にしながら、その自分の価値を磨き抜くことによって、自分が活き活きと過ごす状態を続けていく。

実はそれだけで人に最も価値となる影響を与えられるのではないか?

そんなことを思って、自分の価値を自分が誰よりも尊重して、自分を磨き抜くことで生まれる活き活きと輝く自分を表現すると、その価値に魅力を感じた人たちが自然に集まってくるようになりました。

何かを追いかけて自分が右往左往しながら、人様のお役に立たないと価値がないと思っていた生き方から【自分があるべき姿で輝くだけ】という生き方にシフトして、人生も仕事の流れも大きく変わったのです。

磨けば、輝いていく。

出版、おめでとうございます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス