記事提供:カラパイア

用途があるのかどうかはわからないが、ガラスの瓶をきれいに2つにカットする方法が紹介されていた。使用するのは水と油とカッターだが、カッターで切るわけではない。刃を熱して浸すだけなのだ。

出典 YouTube

使用するものは以下の通り。水、調理用油かモーターオイル、カッターの刃にピンセット、ガスバーナー、ガラスの瓶にステンレス製のボウルだ。

ガスバーナーがなくてもガスコンロの火で代用できそうだ。

まずはガラス瓶にカットしたい位置まで水を入れる。

水を入れた瓶をボウルに入れ。

瓶の中の水と同じ高さになるまで水をそそぎ入れる。

ボウルの水に油をくわえる。この時直接入れずにこのように小さな蓋などで何度にも分けて入れるのがポイントだ。オイルは水の表面をすべて覆うまで、少しずつくわえていく。

これくらい覆えばOKだ。次にカッターの刃をピンセットではさみ。

真っ赤になるまで熱する。

真っ赤になったら素早く刃をオイルの層の部分に浸す。この時オイルが飛び跳ねる危険性があるのでマスクや眼鏡などで顔をガードしよう。

オイル層に刃を入れただけで御覧の通り。油の層と水の層の温度差によりきれいに真っ二つにカットされる。

どうしてこうなるの?その原理をコメント欄で説明してもらった。

内側の水で冷やされているガラス瓶に外側から急激な温度上昇を与えることで「熱膨張」を発生させているという。

ガラスはじん性(粘り強さ)が低い為、膨張に耐え切れずひびが入り、そこから一気に破断されるのだそうだ。油は温度上昇を一気に加速させる手助けをしているという。

ガラスの瓶を真っ二つにしたいときって、蓋が開かないときだったりするわけだが、それでもこの方法は使えるのだろうか?その辺のところは詳しいお友達の意見を待つことにしよう。

ということで試したい場合には、安全に十分注意して、小さなお友達はちゃんとした大人の人の管理下の元でやることにしようね。

ちゃんとしてない大人の人はちょっとアレだよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス