記事提供:長谷川豊 公式ブログ

小泉進次郎氏。

多くの方々が、日本史上最年少総理に!と考えていることだろう。私も同じ思いだ。

当選前後から彼を取材してきた人間として、進次郎氏の政治家としての資質は本当に「とんでもないもの」があると断言できる。

その進次郎氏がついに、政治家としては誰も言わなかった【正論】をぶち上げ、ニュースになっている。

自民党若手中心で集まったメンバー(「2020年以降の経済財政構想小委員会」)による中間報告だ。簡単に言うと、今ある社会保障制度を一度ぶち壊そう!と言うものだ。

そう。これは正しい。偶然にも本日の夜に生放送するAbemaTVfresh!内の私の公式チャンネルでもまさに触れる話なのだが、私は政治家でもなんでもないので『正しい』『事実』だけをはっきりと言っておきたい。

私は現在40歳。昭和50年の生まれだ。同世代のみんなはもう分かってる通りだ。私たちは「年金」などと言うものはもらえない。

仮にもらってもいいが、子供たち世代に無茶な負担を押し付けるだけだ。バブルの時代の思い出話しかできない、我らの上のバカ老害世代と同じことしてもしょうがない。これはもうあきらめなければいけない話なのだ。

メディアのせい?政治のせい?

色々言ってりゃいいが、結論から言うと、そのバカ政治家を選び、テレビを見てそのまま信じてた「日本人全体の責任」だ。

今の社会保障費を見てみよう。

よく見てほしい。これが現実だ。こんなアホみたいな勢いで増え続けているのが「日本の社会保障費」だ。

2000年には78兆円だった「社会保障費」が、直近の2015年には117兆円に増加している。わずか15年で39兆円の増加だ。言うまでもなく、これはこのまま増え続ける。2025年には150兆円を超える試算が出ている。

計算するまでもない。間違いなく超える。わずか10年でそこまでいく。これは100%来る現実の未来の話だ。

もうもたない。まずは日本人全員で、これをちゃんと受け入れるべきだ。日本は「政治を間違えた」のだ。そこを受け入れてからでなければ前に進めない、と言うのが私の持論だ。

特別会計と言って政府にはブラックボックスのような…利権の塊のような予算がある。それらも全部を含めたところで、日本って国はおよそ200兆円ほどの収入しかない国だ。

そのうちの150兆円が社会保障費?そんな国、持つわけないだろ。

今現在、年金の積立金は135兆円ある(2015年段階)。だが、GPIFといって、この年金積立金をバカみたいに株式投資の金にじゃぶじゃぶ投入している。そこに来てこの世界の原油価格の下落と中国経済の失速ときたもんだ。

選挙対策でなんと年金の運用額の損失は「7月の末」に発表されることになった。要は「アホみたいに損失しているから選挙前には発表しないようにしました」ってことだと想定した方がいい。

この年金の積み立ても5~6兆円の切り崩しが続いている。あと20年、もつかどうか…いや、そんなに持たないかも知れない。

小泉進次郎氏の提言は確実に「正しい」。が、それを実現していけるかどうかはかなり不透明と言わざるを得ない。

特にこの1年、大阪でニュースキャスターとして取材をしてきた私にとっては『今あるシステムを壊す』ことが、日本においてどれだけの抵抗があるかを肌で感じているからだ。

進次郎氏も父親の政治を見てきたはずだ。郵政を民営化するだけでどれだけのカロリーが使われるか分かっているはずだ。

日本の社会保障システムは…絶対に根っこから作り変えざるを得ない。

将来的には年金は全部、民間に任せるしかないはずだ。20年以内にそうなるはずだ。少なくとも私はそう見ている。

医療システムも恐ろしいほどの変革が必要だろう。今晩、まさにその話を公式チャンネルでするが、果たして医師会や薬剤関係の会社からあれほどの献金と支援を受け続けてきた自民党にそれが可能かどうか…。

が、時間もそれほどない。

医療費などは毎年、1年で1兆円ずつ増加していっている。はたして間に合うかどうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス