環境省は「災害発生時にペットを一緒に同行避難させる」ことを明記したガイドラインを公表しています。

出典 http://free-photos.gatag.net

ペットを守るために最も確実な「同行避難」をスムーズに行うために普段から出来ることや、やるべきことなどをまとめてみました。

飼い主の不安な気持ちはそのままペットに伝わるもの。いつ災害が起こっても落ち着いて迅速に行動できるよう、普段からの心構えと備えをしっかりとしておきましょう。

■環境省によるペットの救護対策ガイドライン

出典 https://www.env.go.jp

ガイドラインが作成された背景には東日本大震災があります。発生時、自宅に取り残されたりはぐれたペットが放浪状態に。また、飼い主と一緒に非難できても避難所でクレームが入り、ペットの扱いに苦慮する例もありました。そのため環境省が、自治体等の参考となるよう作成したものです。

そこでは動物救助活動の必要性として、①動物愛護、②被災者の心のケア、③放浪状態になった犬が野犬化して人に危害を加えるのを防ぐ、④犬や猫が繁殖して在来の生態等や野生生物へ影響を与える恐れがある。こういった事後対応の負担を軽減するためにもペットとの同行避難を進める事は必要であるとしています。

■ペットの「同行避難」とは?

同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。それぞれの避難所のルールに従ってください。

また、どのような状況下においても必ず同行して避難しなければいけないというものではありません。自宅が安全であり、定期的にペットの世話をするために戻れる状況にあるのであれば、避難所に連れて行かないということも選択肢の一つです。ただし、その場合も、毎日の食事と健康状態の確認が大切です。

出典 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

これは必ず同行しなければならないというものではなく、自宅が安全でペットの世話に定期的に帰れるなら連れて行かないのも選択肢の一つということです。

■避難先での場所の確保について

出典 http://www.photo-ac.com

環境省が同行避難を推奨していても各自治体の対応にはバラつきがありますので、お住まいの自治体に確認しておくことも大切です。

そして避難した場合、避難所では教室などの部屋をペット専用として利用できる事が理想なのではないでしょうか。避難所側から拒否されたら飼い主さんたちが全員で協力して交渉したいところ。

広い空間や廊下などではなるべく人の多い場所は避けて、キャリーバックごと毛布で覆って少しでも落ち着ける環境を作ってあげましょう。また、車中ではプライバシーは保てますがエコノミークラス症候群が心配。屋外の場合は、テントが最も便利かもしれません。

■現在活用されているペットのための避難施設

出典 https://www.env.go.jp

ペット専用のスペースを設けている自治体もあります。これならアレルギーがある方も安全ですし、飼い主とペットにとっても心労が少なく過ごせますね。今後全国の自治体にこういった施設が増えるといいなと思います。

(写真:左)ペットと同居できるよう設計された福島県新地町にある仮設住宅で、飼育者と非飼育者を完全に区分。(写真:右)仮設住宅の近隣にペット専用飼育施設を設けていて、これは福島県獣医師会が民間企業の協力により福島県郡山市に設置。

■普段から準備しておきたい、準備できること

1「身元表示」迷子札やマイクロチップ

出典 http://www.env.go.jp

突然の災害に驚いて逃げ出す可能性があるペットたち。特に猫はガラスが割れた窓から簡単に飛び出せてしまいます。はぐれてしまったペットが飼い主の元に戻れるよう必ずつけて頂きたいアイテムです。

マイクロチップを使うのも有効。全国の全国の動物保護センターや保健所、動物病院などに配備されているリーダーで読み取る事が出来ますので飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。詳しくはこちら「マイクロチップは入れていますか?」をご覧ください。

2「健康管理」

出典 http://www.photo-ac.com

同行避難した先では多くの動物が集まり、ストレスから体調を崩すことも。感染症の蔓延を防ぎ、ペットの健康を守るためにも日ごろからの健康管理が重要です。狂犬病予防注射や混合ワクチンのほか、ノミなどの駆除も行っておきましょう。そして、動物が苦手な方にとっては特に臭いは気になるもの。シャンプーやブラッシングなども普段からしておきましょうね。

3「しつけ」

出典 http://www.photo-ac.com

安全かつ速やかに避難できるように、また、避難所でのトラブルを防ぐためにもしつけはとても重要事項です。普段から人や他の動物に慣れさせておくことは必須。誰にでも吠える、あちこちで排泄する、それでは皆が嫌な思いをしてしまいますし、最悪な場合、避難所から追い出されてしまう事も。普段からしつけをしっかりと行い、飼い主がきちんとコントロールできるようにしておきましょう。

4「ペット避難袋の準備」

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

ペット専用避難袋を玄関などすぐに持って出られるところに保管しておきましょう。最低でも3日分、できれば5日分が目安。

・ケージ、キャリーケース
・首輪&リード
・食器
・フード
・水
・ウェア&靴下&靴
・毛布&アルミブランケット
・敷物&タオル
・ドライシャンプー&ブラシ
・動物用ウェットティッシュ
・排泄袋、猫砂、トイレシート
・トイレトレイ
・記録カード(既往歴、ワクチン接種歴がわかるもの)
・写真(飼い主と一緒に写っているもの)

他に、普段のおもちゃや薬もあればそちらも。写真のようにセットになっているタイプもありますので、普段のフードやグッズを足して一緒に入れて活用しても便利です。

キャリーバックのお勧め

出典 http://item.rakuten.co.jp

避難所でも必需品のキャリーバック。ペットの恐怖心も少しは緩和されるので必ず準備して頂きたいところですね。お勧めは両手が自由に使えるリュックタイプ。そしてカートタイプでしたらペット避難グッズも一緒に乗せる事が出来るところも便利です。ペットの体重に応じて様々なサイズとタイプがありますので、10キロを超える大型犬でも安心です。

他に猫の場合、地震がおこったら全力で捕まえて、洗濯ネットに入れるのが有効だそうです。

■もしも "ペットと離れている時" に災害が発生した場合

出典 http://free-photos.gatag.net

「飼い主とペットが同行避難」が原則の環境省によるペットの救護対策ガイドラインによると、ペットの全責任は飼い主にあり、救助などはボランティアなどに頼ることとなってしまいます。

離れている時に災害が発生してしまったら、帰宅可能であれば早く迎えに帰ってあげてください。もし帰れない場合は置き去り同然となってしまいます。

そんな場合のためにも、迷子札やマイクロチップの装着が必須ですし、逃げ出した時のためにポスターを作っておくのも有効。ポスターは早ければ早いほど役に立ちます。連絡先は忘れずに記入し、誰が見ても特徴がはっきり分かる写真を使いましょう。

■熊本県の動物管理施設

最後に、熊本では現在も余震が続いています。もしペットが行方不明となってる方がいらっしゃいましたらこちらで確認してみてください。

熊本県動物愛護センター
熊本県熊本市東区小山2丁目11-1
電話:096-380-2153

熊本県動物愛護管理
熊本県熊本市東区戸島町2591
電話:096-380-3310
迷子犬&猫の検索はこちら→熊本県動物愛護管理HP

早く余震がおさまりますように。そしてどうかこれ以上被害が出ませんように…。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス