昨日4/14(木)の午後9時26分、熊本で震度7の大地震が起きました。地震の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

今回の地震では津波の危険はなく、東日本大震災のような津波の被害はなかったものの地震による被害が相当出ると予想されます。改めて地震大国である我が国において普段から地震への備えと大地震が起きた時にどうするか?をわかってはいるでしょうがまとめてみたいと思います。

地震が起きた時

地震が起きた正にその時どうすればいいのか?

先ずは自分の身を守ることを最優先にしてください。

身を守れたら行うべきはこれらの行動。火は二次災害の原因となる恐れが有るので確実に確認をして地震が収まったとしてもガラスは壁が崩れ落ちてくる可能性があるので近づかないようにしましょう。

出典 http://www.bousai.metro.tokyo.jp

地震が発災した時に行ってはいけない行動としてこうした行動があります。改めて注意しましょう。

避難する時は

いざ、避難となった時にも注意して欲しいことがあります。注意して欲しいことをご紹介します。

災害時は混乱している事がありますので正しい情報を得ること。自分の安否を伝えるのに電話は回線がパンクすることがあるのでSNSなどで安否を伝えたり、また今回の熊本地震でも開設された

今回の地震を受けて、IT大手のグーグルはインターネット上で安否を登録したり確認したりできる「パーソンファインダー」を開設しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

グーグルパーソナルファインダーで伝えたり、またSNS等を利用してないのでどうしても電話になる方は

災害伝言ダイヤルの171にメッセージを残しておきましょう。二次災害の恐れになる原因はできる限り取り除いてから避難をしましょう。

避難するよりも二次災害の恐れがある場合は避難せずにその場に留まるという判断も必要な時もあります。

避難するときの移動に関してもこうした恐れがあるので注意して移動をしましょう。

避難場所の確認

避難する時に避難場所がわからないということがあるかもしれません。

広域避難場所というのが各自治体でありますので自分の住んでる場所の避難場所の確認や出先で避難するとなった時には

こうした避難所マップで確認するのもいいでしょう。

災害への備え

災害が起きた時に備えも必要です。自分で準備できるものは準備しておくのも大事です。

外へ買い物に行けないという時に日常備蓄といって少し多めに必需品を購入しておいて備えをしておくもの実は災害への備えになります。

避難するなどには日常備蓄とは別にこれらのアイテムを備えとして準備しておきましょう。何が必要で何が必要でないかは家族で話し合って決めておくのがいいかと思います。

こうしたリストを作ってチェックするのもいいかと思います。

東日本大震災から5年経ち震災の記憶も薄れつつある中に起きた熊本地震。東北や熊本の被災者の方々は他人事ではなく明日は我が身であるということを忘れずに自らができることはやっておくことが大事だと思います。

東京都では「東京防災」というページを用意していますのでこちらを参照に準備を整えておくのがいいかと思います。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス