近年では猫派の台頭もあり、人気が押され気味ではあるものの、「やっぱり自分は犬が好き」といった人も多いのではないでしょうか?

何万年も昔から人間と生活を共にしてきた動物「犬」。もともとが肉食獣である彼らは、その昔、狩りをして生活していた人間達とともに行動することで狩った動物の生肉を食べて生活していたといわれています。

しかし、そんな犬たちのエサも最近ではドッグフードが主流

Licensed by gettyimages ®

しかし、時は流れ、人間が穀物を作るようになると、動物を家畜として飼うなど、その食生活も狩猟・採集に偏ったものではなくなりました。

そういった背景から犬たちの食事も生肉から、人間と同様に雑食に変化。最近では犬に生肉を与えることに抵抗を与える人たちもいるみたい。

現在、Twitterでは犬に生肉を食べさせたことが原因で起こった出来事に注目が集まっているようです。

話題になっているのはTwitterユーザーのこふ‎@rabbikofさんが投稿したこちらのツイート。

投稿者によると「野生を忘れてしまい軟弱になる」との理由から定期的に生肉を与えられたというポメラニアン。

そのことによって野生を取り戻し、野犬のボスにまで上り詰めたという衝撃のエピソードは多くの人にリツイートされ、このツイートを見た人たちからは驚きの声が寄せられているようです。

生肉によって野生を取り戻してしまったというポメラニアン

Licensed by gettyimages ®

生肉によって野生を取り戻し”野犬たちのボス”になってしまったというポメラニアン…。

しかし、実際に生肉を一切食べさせないことで野生を抑えるといった考え方はあるようで、このツイートを見た人たちからは「虎を保護飼育しているタイのお寺では虎に生肉を与えないでいる」「高蛋白な食事は攻撃性を増す」と指摘する声もあるようです。

「じゃあ、やっぱり生肉は与えちゃいけないの?」というとそういうわけでもないみたい

Licensed by gettyimages ®

「じゃあ、やっぱり生肉を与えちゃいけないの?」というと一概にそうも言えないみたい。

本来は肉食動物の犬。定期的に生肉を与えることは犬の健康面を考えた場合、ドッグフードだけでは得られない栄養素を補えるといったメリットもあるようです。

しかし、一方で寄生虫や食中毒など病気になってしまうリスクもあるので、体調不良時に生肉を与えるのはNGなんだとか。

生肉は本来肉食である犬にとっては、普段得られない栄養素を補う大事な食べ物です。

生肉を食べることによって、生肉に含まれる酵素により免疫力を高める効果があったり、添加物を接種しないことでアレルギー改善に効果があるとされています。

しかしメリットばかりではありません。ペットフードより食費がかかってしまったり、寄生虫や食中毒のリスクが高くなってしまい、かえって病気になる等のデメリットもあります。

体調不良など免疫力が下がっているときに食べさせてしまうと、消化力低下によって病気になってしまいます。気を付けたいですね。

出典 http://peco-japan.com

野犬のボスになってしまっては困りますが、犬にとっても様々なメリットがある「生肉」。

ドッグフードばかりの食事ではなく、野生を取り戻さない程度に生肉を与えてみるのもいいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス