Licensed by gettyimages ®

誰もが知るスターバックス。毎日、毎朝利用している人も世界中にはたくさんいます。「目覚めの一杯には必要不可欠」「ちょっと一息つく時に飲みたい」そんな思いで購入するあなたに、可愛いスマイルマークやちょっとしたメッセージなどを書いて渡してくれるスタッフの気遣いにほっこり嬉しくなることもあるのでは?

ところが、このほど米フロリダ州セントオーガスティンのスタバを利用したある男性が「笑えない」としてオーダーしたドリンクをそのまま返却するという出来事がありました。この男性、グランデサイズのホワイトモカをオーダー。するとカップに、ある衝撃のメッセージが書かれていたのです。

「糖尿病になりますよ~」

出典 https://twitter.com

実はホワイトモカのグランデサイズは牛丼以上の高カロリー(461kcal)。それを見越したスタッフによる皮肉のメッセージが「糖尿病になりますよ~」だったのです。でもこの男性にとっては笑えないものでした。

なぜならばその男性には、糖尿病タイプⅠを患う2人の姉妹が。このメッセージを見た瞬間、姉妹が治療に通いながらも病んでいる姿が目に浮かび驚愕してしまったといいます。

「姉妹2人が実際に糖尿病だから笑えない」

出典 https://twitter.com

男性は、カップにそう書いて返却。謝罪を求めていたのではなく、今後自分と同じ思いをする人が出て欲しくないという気持ちで返却したといいます。スターバックス側は後に広報担当者が男性に謝罪したそう。

客とサービス側の線引きはきっちりしてほしいもの

Licensed by gettyimages ®

イギリスでは、どのスターバックスもスタッフがカップにメッセージを書くということはしません。混雑時には名前を記入するのみ。日本のスタバはお客さんへのちょっとした心遣いが出ていて気持ちが和む時もありますよね。

しかしやはりそこは、サービスする側とされる側。たとえ常連客であったとしても、一定のラインを超えたメッセージはお客さんを不快にすることも。セントオ―ガスティンのこの店も、今後は客とスタッフという立場を考えたサービスを徹底してほしいと思います。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス