先日、東京大学にて入学式がとり行われました。その中で、東京大学総長である五神真氏による式辞が新入生に対して贈られましたが、その内容に関する一連の流れが非常に興味深いと話題になっています。

■発端は、式辞内の「新聞」に関して話された部分

ところで、皆さんは毎日、新聞を読みますか?新聞よりもインターネットやテレビでニュースに触れることが多いのではないでしょうか。ヘッドラインだけでなく、記事の本文もきちんと読む習慣を身に着けるべきです。

東京大学ではオンラインで新聞記事や学術情報を検索し閲覧できるサービスを学生の皆さんに提供しています。ぜひ活用してください。その上で、皆さんにさらにおすすめしたいことがあります。それは、海外メディアの報道にも目を通すことです。日本のメディアの報道との違いに注目してみてください。また、世界の中で日本がどのように見られているかということも意識してみてください

私は総長になって以来、世界の多様な人々と話す機会が増えました。その中で世界のとらえ方や、外から見た日本の姿が、私のそれまでの常識とずいぶん違うと思うことが度々ありました。手近な日本の新聞やテレビによる情報だけでは足りないのです。皆さんには、ぜひ、今からそのような国際的な視野を日常的に持つ習慣を身に着けてほしいのです

出典 http://www.u-tokyo.ac.jp

入学式式辞のいち部分を抜粋。

このように、「新聞を読んで下さい」という事を式辞内で伝えています。そして、その他海外メディアなどにも目を通し「その違いに注目して下さい」という風におっしゃっています。要するに、「新聞の情報を鵜呑みせずに色々比較してみてください」という意味でお話されているんですね。

■この挨拶に関して報じた某新聞社の記事

東京大学の入学式が12日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、新入生約3100人や保護者ら計8000人以上が出席した。

 五神真学長は式辞で「うわべの知識をうのみにせず、情報の洪水にのみ込まれない『知のプロフェッショナル』になってほしい」と指摘。その上で、「皆さんは毎日、新聞を読みますか。新聞よりもインターネットやテレビでニュースに触れることが多いのではないでしょうか。ヘッドラインだけでなく、記事の本文もきちんと読む習慣を身につけるべきです」と述べた。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

このように、短い記事の中で「新聞を読んで欲しい」「インターネットなどのヘッドラインだけではなく、本文もしっかり読む習慣を身につけて欲しい」という部分だけをピックアップして報じています。

■そして、その記事を読んだ方による「あるツッコミ」

東大学長「新聞読もう」入学式で訓示。びっくり。相手は小学生や中学生でないんだから、せめて「マスコミの記事を盲目的に受け入れるのだけでなく、自ら各情報の重要性、報道の妥当性を見極める力をつけていただきたい」位行ってほしい。御用学者集団の学長にそれを期待するのはちょっと無理か。

出典 https://twitter.com

(本文ママ)

この記事を読まれたのか、あるTwitterユーザーが、「新聞を読もう」という部分だけに突っかかる様なコメントをTwitterに投稿。そしてマスコミの記事を盲目的に受け入れるのだけでなく、自ら各情報の重要性、報道の妥当性を見極める力をつけていただきたい…位言ってほしいと苦言。

ここで「アレ??」と思いませんか。

■その一連の流れを端的に現したツイートがこちら

東大総長「新聞を読んで、色々見比べてみてね。」

新聞「新聞を読んでって言ってたよ。」

新聞を読んだ人「新聞を疑って見ろよ位言えよ」

ナルホド。新聞は疑ってみるべきって本当だね…という流れ。


なんとも勉強になる面白い話でしょう。

■この流れに多くの反響が

現状をよく表している

インターネットが主流の時代になり、色々な目で見る方が多くなりましたもんね。

落語みたい

たしかに見事にオチがついてる

勘違いしてた

確かに、祝辞を取り上げたニュース記事だけ見ているとそういう風に思ってしまいがち。

マスコミって…

まあ、色々まとめ方が問題という話はありますね。

そういう意味では、いろいろな記事や大本を確認しないと、間違った情報を認識してしまう危険性がありますね。

■非常に考えさせられる話でした

世の中の色々な事をまとめて記事を書いている自分自身も、人の振り見て我が振り直せと思えるような話題でした。

今の時代、やろうと思えば個人個人で「情報」を「多角的に検証」出来る時代。情報が溢れている昨今だからこそ、こういう勘違いには気をつけていかなければなりませんね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス