インターネットの普及で様々な分野で急激に変化が訪れているいる現代。10年ひと昔といいますが、10年前にスマートフォンやドローンなんて想像できたでしょうか。もちろんネット関連に限らずともその変化は明確ですね。

そんな中、海外メディアの「wittyfeed」が、今と昔とで“変わったこと”を比較したイラストを公開していました。

今と昔とでどんなことが変わっているのか、7つのイラストが公開されているので見てみましょう!

1.連絡にかかる時間は?

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:手紙で3日
今:電話で3秒

たしかにね…。

2.トイレの時間に何をする?

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:新聞で情報収集
今:スマホで情報収集

これもインターネットの普及によるものですね。

3.入ってくる人に対して…

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:ようこそ
今:猛犬注意

世知辛い世の中になりましたね…。

4.女性を褒めるときは?

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:可愛いね!
今:セクシーだね!

日本だとまだまだ「可愛いね!」が褒め言葉ですが、世界的にみると女性の価値観はだいぶ変わっているようです。

5.試験に大切なのは…

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:暗記
今:考える力

学校、社会、どこもそう変わりつつありますね。

6.挨拶するときは?

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:両手を合わせて「こんにちは」
今:手をタッチして「やぁ!」

どちらも気持ちがこもった挨拶なら素敵ですよね。

7.親子の時間

出典 http://www.wittyfeed.com

昔:パパと遊んでるけど「おもちゃがほしいよ」
今:おもちゃはあるけど「パパと遊びたいよ」

これは耳が痛いですね…。物質的なものだけ与えてパパは仕事…。これは考えさせられます。

いかがでしたか?

思わず「なるほどね」「たしかに」と納得してしまうものばかりだったのではないでしょうか。

「今が良い」とか「昔が正しい」とかいうわけではないですが、昔のことも振り返りながら、より楽しい未来に向けて進んでいくための参考にしてみるというのも良いかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス