人類の長年の夢(?)である永久機関を、どこの職場や家庭にでもあるような文房具で実現してしまった映像が話題になっています。

永久機関(えいきゅうきかん、英: perpetual motion machine)とは、外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。

出典 https://ja.wikipedia.org

使った文房具は…

Licensed by gettyimages ®

輪ゴムと…

Licensed by gettyimages ®

鉛筆と…

Licensed by gettyimages ®

紐と…

Licensed by gettyimages ®

クリップと…

Licensed by gettyimages ®

おもりのみ。(これは文房具ではないかもしれませんが…)

輪ゴム、鉛筆、紐、クリップ、おもり、たったそれだけの文房具で作った永久機関の映像、是非ご覧ください…。

出典 https://www.youtube.com

水平に回転する鉛筆と、その先に紐で結び付けたおもり。縦に設置した鉛筆に紐が絡みつきます。

出典 https://www.youtube.com

それが解けると、遠心力で鉛筆が回って…

出典 https://www.youtube.com

そのまま…

出典 https://www.youtube.com

再び絡みつきます!

これを延々と繰り返すという…。

出典 YouTube

映像を見ている限りでは勢いが落ちていく様子もないので、これが永久的に続いているのではないかと思わせる、まさに永久機関!

これを作った人は、昼休みの空き時間で作ってしまったんだそう…。

動画のタイトルの通り「Useless Invention(無駄な発明)」という気はしなくはないですが、どこにでもある文房具のみでこの装置を作れるなんて、隠れた発明家かもしれませんね!

その他にも話題の永久機関といえば…

出典 YouTube

ヨドバシカメラ札幌店のダイソン。これも凄かった…。

出典 YouTube

エッシャーの騙し絵の「滝」を思い起こすような…。これって結局のところどうなんだろ…?

色んな永久機関がありますね。

あなたのオススメの永久機関があれば、是非教えてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス