記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
顔にシワが…と気になりだすと止まらなくなる方も多いのではないでしょうか。世の中にはシワを目立たなくさせるために、さまざまな商品が出ています。

ふと、そもそもシワってなんなんだろうと思いました。どうしてシワができるのでしょうか。

今回は「そもそもシワって?」という部分を医師に聞きました。

Q.そもそも、顔のシワはどういった理由でできるのでしょうか。

顔のシワができる理由としてはいくつかあります。
その中で明らかに一番大きな理由としては紫外線が挙げられます。

紫外線がお肌に当たると、お肌の弾力を保っている「コラーゲン」の繊維を断ち切ります。「エラスチン」というコラーゲンの間を埋めるように存在している物質も変性させてしまいます。

すると皮膚は本来の弾力を保てなくなります。そしてシワができたり、たるんでしまったりします。

紫外線以外のしわの原因もあります。
加齢により顔の筋肉が痩せてしまうことや、肌の乾燥によって一番外側にある角質層の表面がひび割れてしまうことなどが挙げられます。

Q.シワは顔のどういった部分にできやすいですか。

しわができやすいと考えられるのは、

ひとつは顔の筋肉が発達していて、よく動かす部位です。
例えば、額や眉間、口の周り、目じりの部分などが挙げられると思います。

もうひとつは、その部分の皮膚がほかの部分に比べて薄くデリケートであることです。
デリケートな部分は乾燥しがちでもあります。こちらは例えば、目元や口の周囲などが挙げられます。

目元と口元は、これら2つの条件を満たしています。特に要注意すべき部位といえるでしょう。

Q.手のシワも顔のシワと同じメカニズムでできるのでしょうか。

手のシワも、紫外線が一番の原因と考えられています。

また、手は顔よりもよく動かす、水仕事をしたりして特に乾燥しやすい部位である点もシワが多い要因です。

ほかにも、顔ほど気を遣ってケアをする人が少ないことも手にしわができやすい理由と考えられます。

Q.ところで、美容外科と皮膚科ってどう違うんですか?

美容外科と皮膚科の違いについてお伝えします。

≪美容外科≫
治療に加えて、手術によって患者さんのコンプレックスや悩みのある部位の「形を変える」ことを行います。

≪皮膚科≫
皮膚の疾患や肌全般について治療・指導を行う専門科です。
基本的に「形を変える」ことなく、病気を治すにとどまります。

ほくろや腫瘍を取ったり、皮膚科で手術を行うこともよくあります。しかし、美容を目的として形を変えることは一般的に行いません。

レーザー治療など、どちらにも共通して行われる施術もあります。

≪脂質肌、敏感肌、混合肌、あなたはどのタイプ??≫
化粧品を選ぶ際にも知っておきたい【肌タイプ】診断してみる

最後に医師からアドバイス

顔のしわは、誰でも一度は悩む部分かもしれませんね。

こまめな保湿を行ったり、表情筋をトレーニングしたりすることである程度改善することができる場合もあります。

笑いじわなど、さらにその人の魅力となっていくものもあります。
しわがあっても気に病みすぎず、ストレスの少ない生活を心がけること…これもシワを増やさない秘訣といえるかも知れません。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス