記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんはどの子も、柔らかい肌と濡れたような眼をしていて、本当にかわいらしいものです。
ただ、世界で一番かわいいわが子と思ってはいても、周囲の赤ちゃんと比べて色々なことが気になるのが親心というもの。そして親御さんが気にすることの多いポイントの一つとして、赤ちゃんの髪の毛のことがあります。
今回は赤ちゃんの薄毛について、医師に解説していただきました。

女の子で薄毛だと気になるもの?

同じ月齢のほかの子供さんに比べて、髪の毛が多い、少ない、長い、短いということは、お父さん・お母さんが気にされることが多いようです。髪の毛が薄く、短い赤ちゃんのご両親は悩むことがありますよね。
女の子だと特に「ずっとこのままだったらどうしよう」「○○ちゃんはもう結べるくらい伸びているのに」と人と比べてしまったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、これは実はあまり気にすべきことではありません。確かに両親から受け継いだ遺伝的な個人差はありますが、赤ちゃんの時に髪の毛が薄い・なかなか伸びない、といったことはあくまでも一時的なことであって、大人になっても続く傾向ではありません。

産後すぐの赤ちゃんの髪の毛は生え変わる?

生まれたばかりの赤ちゃんを至近距離で見たことのある方であればご存知でしょうが、生まれた時、赤ちゃんは身体を守るための細い産毛で覆われています。生まれてきたときの髪の毛は、この産毛の一部と考えるとわかりやすいかもしれません。
だいたい、赤ちゃんが生後3か月を迎えたころから産毛は抜け落ちて、すべすべしたいわゆる赤ちゃんの肌が出てきます。
この時期に髪の毛も抜け替わり、最初のポヤポヤした髪の毛が抜けて、ある程度しっかりした髪の毛が生えてくることがあります。

何歳くらいまで赤ちゃんの薄毛は続くもの?

また、0歳~2、3歳の時点で極端に薄毛だったり、産毛しか生えていない・短いなどがあっても、全く心配する必要はありません。
だいたい4歳くらいまでは、気長に様子を見ていいでしょう。髪の毛はすべて一斉に生え変わるわけではないので、赤ちゃんから子供の髪の毛に完全に生え変わるのは、3~4歳までであれば特に問題なし、と考えてよいでしょう。
従って、髪の毛が短かったり伸びなかったりしても毛の生え代わりのスピードなど個人差によるものと考えて、特にそのことで病院に連れて行ったり過剰に心配したり、治療を考慮する必要もありません。ほとんどの場合、いずれ生えてくるものですからこの時期を楽しみましょう。

≪咳が続く…もしかしてぜんそく!?≫
風邪かな?子どもの咳が続く…それ【子どもぜんそく】かも!?

【医師からのアドバイス】

実は赤ちゃんの髪の毛が短かったり、薄かったりするのは悪いことばかりではありません。よく知られているように、赤ちゃんはとても汗っかきです。これは、あの小さな体の面積の狭いお肌の表面にすでに大人と同じ数の汗腺があること、それから体温調節機能がまだ十分に発達していないことなどが主な原因として考えられます。

その赤ちゃんに髪の毛が大人並みに生えていると、蒸れてあせもの原因になったり、その他の湿疹などの原因になったりすることがあります。風通しがよい、とむしろプラスに考えて、髪の毛が生えてくるまでの数年間、ゆったり過ごしていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス