この春、新生活のために引っ越した方も多いと思います。

引っ越しが一段落すると、お部屋をおしゃれに飾りたくなりませんか?

家具もいいけど、壁紙がかわると、部屋の印象はグンと変わりますよね。

「でも、賃貸ではそんなの無理だし……」と諦める必要はありません!

今回は、通常の壁紙をつかって、原状回復できる壁紙の貼り方をご紹介しましょう。

■これがたったの1時間!?

まずは、ビフォーアフターをご覧下さい。

出典 http://sumaiweb.jp

Before

出典 http://sumaiweb.jp

After

このくらいの面積だと、慣れた人であれば、ざっと1時間ほどで作業が終了します。

しかも!元の壁紙を痛めず、簡単にキレイに剥がせます。

その方法とは……。

■ポイントは、最初に使う、マスキングテープ!

原状回復出来る壁紙の貼り方、そのポイントは、マスキングテープ。

100均やホームセンターに売っている、一般的なマスキングテープを使用します。

マスキングテープはノリの接着力が弱く、剥がした時に元の壁紙を痛めません。

写真の様に、ざっくり貼ります。

空気やシワが気になる場合は、細かいピッチ(間隔)で貼りましょう。作業時間は増えますが、仕上りがキレイになります。

■マステの上に、両面テープを貼る!

次に登場するのは、両面テープです!

マスキングテープの上に貼って下さい。

これも100均やホームセンターに売っている、一般的な両面テープを使用します。

出典 http://sumaiweb.jp

(両面テープ)

写真の様になります。

実はたいした道具も労力も使ってませんよね……でも、これで作業の半分は終了です。

後は簡単!この上に壁紙を貼るだけです。

■スタートの位置だけ慎重に!

壁紙を貼る時は、最初の位置決めで、全てが決まります。

スタートの位置が曲がっていると、ゴールまでずっと曲がったままです。5mmのズレが、何cmにも広がってしまいます。

初めて挑戦する人は、誰かに手伝ってもらい2人で作業した方が良いでしょう。

スタートの位置が決まれば、後は一気に貼るだけです。

空気が入らない様に、平らなもので全体を押さえつけながら貼りましょう。版画の「バレン」の様なイメージです。

1番下まで貼ると、壁紙が余ります。余った壁紙は、定規で押さえながら、カッターで切りましょう。

■コンセントがある場合の処理方法

コンセントは、カバーを外して中の金具ビスを少し緩めます。

ここで注意! 金具ビスは外さず、緩めるだけにしましょう。

外してしまうと、中の配線が出て来て元通り収められなくなる場合もあります。

出典 http://sumaiweb.jp

(緩めた状態の金具ビス)

金具を緩めたら、壁穴のラインで壁紙を切ります。

形状通りにきっちり切れなくても、コンセントカバーが一回り大きいのでうまく隠れます。

■楽しみながら貼ろう!

最後の1列の木目を90度回転して貼ってみました。

例え賃貸でも自分の部屋なので、好きな様にアレンジして楽しみながら貼って欲しいですね。

出典 http://sumaiweb.jp

(完成した仕事部屋)

失敗しても、簡単にマスキングテープごとキレイに剥がれるので安心です。

しかも、壁紙自体は安いのです。写真の壁紙は7m購入して2,800円ほど。

みなさんも是非、失敗を恐れずに壁紙貼りに挑戦してみてくださいね。

家具選びだけでは得られない、ワンランク上の模様替えが出来ますよ。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス