記事提供:カラパイア

運命は時に奇跡を起こし、時に悪夢を持ち運んでくる。幸せな時を過ごしていたら一転、思いもよらぬ事件や事故に巻き込まれる場合もある。偶然にもその衝撃の瞬間をとらえた映像は怖いもの見たさも手伝ってか、ネット上では高い再生回数を上げている。

まるでパニック映画を見ているような感覚に陥るが、これは全てリアルである。特に人々の興味をそそった5つのリアルが1本の動画にまとめられていた。

血が出るようなグロテスクなものはいっさい出てこないが、ぞっとするようなシーンがあるので視聴には十分注意しよう。

カメラがとらえたリアル:5つの衝撃の瞬間

出典 YouTube

5. スキー、スノーボード事故

アメリカでは、スキーやスノーボードが広まるにつれ事故の件数は増加している。不注意や悪天候のいずれも、致命傷を負う原因になりうる。この動画に映っている事故に遭った3人は、幸運にも、骨折こそしたもののいずれも命が助かっている。

4. サラ・ジョーンズの死

サラ・ジョーンズは映画『ミッドナイト・ライダー』のカメラマンとして働いていた。撮影の初日、スタッフはアメリカ、ジョージア州の鉄道橋の上でカメラを回す準備をしていた。しかし、彼らは事前に撮影許可を取っていなかった。

そのため、撮影中だと知らないCSX社の貨物列車が線路上のスタッフ目がけて走ってきてしまう。撮影機材を線路から取り除こうと必死になるスタッフだったが、結果的に貨物列車はサラを轢いてしまった。

3. ゾービング事故

ゾービングとはふたりの人が巨大なゴムまり風の球体に入って、坂を転がり落ちてゆくというスポーツ。時にスキー場で行われることもある。

ロシアのスキー場でゾービングをしていたふたりの男性は、風に煽られてスキー場から外れてしまい、山の急斜面を転がり落ちてゆく。ゾーブ(球体)の中にいたふたりの男性のうちひとりが死亡、もうひとりも重傷を負った。

2. 野生の黒熊と遭遇

クマはかわいらしく、思わず抱きしめたくなるような姿をしている。しかし現実には、野生をむき出しに襲いかかってくる捕食者でもある。映像はカナダの運動選手がクマに遭遇したときのもの。

クマから目を離さず、クマが自分に興味を持たなくなった所で走って逃げている。最初から走らないのは、狩猟本能でクマが走り去るものを追いかける習性があるからだ。

1. 竜巻から間一髪避難

日本では馴染みが薄いが、大竜巻(トルネード)はかなり恐ろしい自然災害だ。竜巻は通過する場所を完璧に破壊してしまう。その圧倒的な力の前に、人間はなすすべがない。映像内にあるトルネード被害は、アメリカ西部で撮影されたもの。

後半は地下のシェルターに避難しているため真っ暗だが、竜巻の轟音と家族の悲鳴が生々しいほどにその恐怖を表している。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス