お酒を飲むのが好きですか?「お酒を飲むとその人の本性がわかる」なんていうことも言われたりしているように、飲めば飲むほどその人の表情や態度も変わってきます。そして笑い上戸や泣き上戸、怒り上戸などの癖が出る場合も。

心理学的には、この「~上戸」はその人の精神状態を実にうまく言い当てているようで、お酒を飲んでグチグチ言い始めて怒り出す人を見ると「普段、相当ストレスが溜まってるのかな」と思ったりもしますよね。

「お酒はほどほどに」と言われるように、自分の限界を知って楽しく飲む分には何も問題はないし、むしろその楽しさや満足感で精神的にもリラックスできます。このほど、ブラジルのある写真家が興味深い実験を行いました。

「ワインを1杯ずつ飲んでいくと、人はどのように変化するか」というプロジェクトは、元々写真家のMarcos Albert(マルコス・アルベルト)さんが友人たちと雑談していたことから閃いたそう。

お酒は人によって飲み方もその量も様々。いろんな人にワイン1杯~3杯を飲んでもらったら果たしてどんな表情をするのかその様子をカメラに収めたのです。

まずはシラフから

出典 http://www.masmorrastudio.com

こちらの男性、1杯ごとに笑顔が大きくなっていますね。やっぱり脳にアルコールが回るとなんだか嬉しくなっちゃうんでしょうね。

この女性も3杯目で弾けた⁉

出典 http://www.masmorrastudio.com

2杯目まではそう変わらなくても3杯目になると脱ぎ出して弾けちゃう人もいるようです。

飲んでも変わらない人も

出典 http://www.masmorrastudio.com

お酒に強い人は、3杯ぐらいじゃ顔色一つ変えないという人もいますよね。こちらの男性も、ほとんど変化なし。

ワインに関してはこんな言い伝えが…

出典 http://www.masmorrastudio.com

マルコスさんによると「一杯目のワインは食事と共に、二杯目のワインでは愛を語り、三杯目のワインは大騒ぎをする」という言い伝えがあるそうです。その真意を確かめるべく行った今回のプロジェクト。

みなさん、3杯目を飲んで結構いい気分になっている人が多い様子。やっぱり酔いが回ってくるのが3杯目ぐらいからなんでしょうね。写真を見ているとどうやら女性の方がやはり酔うのが早いようです。

実験者はマルコスさんの友人たち

出典 http://www.masmorrastudio.com

マルコスさんは自分の友人たちに頼み、忙しい仕事を終えて疲れた体を引きずりながらスタジオに寄ってもらい、この実験参加してもらったそう。ストレスフルな1日を終えた人たちもワインを飲んでいくと次第に表情が柔らかくなって、笑顔になってくる人も多くお酒が好きな筆者は「お酒ってやっぱりいいな♪」と思ってしまいます。

誰かがこうして笑顔になる写真を見ると、自然とこちらも笑みがこぼれてしまいます。大好きな友達と、また大切な人と、家族と、楽しく飲みながらワイワイ過ごす時間は貴重なもの。

日本ではお花見シーズンなので、お酒を飲む機会も多いでしょう。でも、くれぐれも羽目を外し過ぎないように楽しんでくださいね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス