Pinned from mag.japaaan.com

  • repin3

電話の受話器と言えばすでに昭和時代のレトロなイメージがあるかもしれません、しかしこの受話器スマホ時代の現在でもわざわざ繋げて話をする人が急増しているのだとか…。

さて、わざわざ不便な受話器を取り付けて話すのか探ってみたいと思います。

スマホ受話器

黒電話の受話器です。利用する理由が、スマホが汚れないということみたいですね。
また、スマホを操作しながら話ができるのもいいのかもしれません。

とにかく関心度が高いのはTwitterの拡散数を見ても明らかでしょう。

東京ハンズで売っている以外にネットの通販でも購入できます。

Twitterではこういう声が多く聞かれました。
今まで何となく不便さを感じている人が多かったのかもしれません。
ただし、街中で受話器で話していたら確かに目立ちますね。

黒電話型iPhoneスタンド

自宅なんかは黒電話型のスタンドがウケているようで、持つのに疲れない、汚れない、スマホを操作できるなど便利なことを再発見。

黒電話ができて80年以上経った今でもこの形が好まれるのはそれなりに、使い心地の良さがあるからなのでしょう。

よりレトロ感を出すならダイヤルアプリを入れるのもいいかもしれませんよ。

Pinned from roomie.jp

  • like1
  • repin1

電話型のスマホスタンドはAmazonをはじめネットで手に入ります。
何気なしに置いておくと、踏んだり落としたりする可能性が高くなるのでこうやって場所を決めるといいかもしれません。

自分の手が受話器になる手袋

手袋が受話器になるユニークな商品も開発されています。

hi call

小指部分がマイクになり、親指部分がスピーカーになるという手袋。
寒い日には手袋をしたまま通話できるのだとか。

Pinned from roomie.jp

世界ではユニークな形の受話器を考えだすものですね。

出典 YouTube

最後に

コンパクトでスマートばかりが求められるかと言えば、そう単純な思考にはならないのが人間の面白いところです。

持ち運びにはかさばるし目立つし、それでも使いたくなるには、それなりの魅力が受話器にはある気がします。

今年は受話器をもって話をしながら街を歩くことが、トレンドになるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス