子育てで褒めることは大切

子育てで「褒めること」はとても大切です。例えば、親から良く褒められる子供は「他人を思いやる気持ちが高く」なります。

乳幼児期に親からよくほめられる子供は、他人を思いやる気持ちなどの社会適応力が高くなることが、科学技術振興機構の長期追跡調査で明らかになった。育児で「ほめる」ことの重要性が、科学的に証明されたのは初めて。

出典 http://venacava.seesaa.net

褒め方次第で子供が変わります。

褒め方によっても子供の反応は異なります。例えば、スタンフォード大学では褒め方の違いについて実験をしました。

その方法とは「思春期の子供達数百人」を対象に2つのグループを作り、1つのグループは「頭の良さ」を、もう1つのグループは「努力」を褒めるようにしました。

すると、「頭の良さ」を褒めたグループは、新しい問題を避け、同じ問題を解こうとする傾向が強くなることに。その一方、「努力」を褒めたグループは、新しい問題にチャレンジするほうを選び、学べるチャンスを逃さなかったそうです。

褒めることの重要性はわかっていても、難しいもの。

褒めることの重要性はわかっていても、難しいもの。いざ、実践しようとしてもうまくいかず悩んでいるご両親はたくさんいます。

わざとらしくなる

褒められて育てられていない

そもそも、褒める言葉を知らない場合もあります。褒める言葉を知らないと褒められません。

褒め言葉のボキャブラリーを増やそうとNironeさんが作成した「褒め殺し育児カルタ」をtwitterで公開したところ話題に。

twitterではさまざまな反応がありました。

すごいと絶賛

松岡修造を彷彿とさせる

実は大学生にも使える

反対バージョンを作成する

あなたは褒めることが得意ですか?もしも不得意であれば、カルタを使って練習してみませんか。

関連:「あかさたなはまやらわ」の法則

あわせて読みたい記事♪

この記事を書いたユーザー

感動マニア このユーザーの他の記事を見る

思わず感動する画像や教訓を紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス