「これが解けたらIQ○○だ!」

という様な問題はよく目にしますが、またそんな風な問題がTwitterを中心にネットで盛り上がっています。投稿されたのは「UNOBON4」さん。

どうやら、「素直な人」「観察力がある人」「更に洞察力が優れた人」で導き出されている答えが変化するようなのですが…。

■話題となっている問題がこちら

リンゴとバナナとココナッツにわりふられた数字と計算式を元に、
最後の一行の答えを導き出すというもの。

あなたはどんな数字が答えだと思いますか?

■この問題に対する答えが大きく割れる

16が答えと思う人達

出典ももかん

15が答えと思う人達

出典ももかん

14が答えだと思う人達

出典ももかん

その他の数字が答えだと思う人達

出典ももかん

この様に、人によって大きく答えが分かれる結果に。

■その後、元ツイートの「UNOBON4」さんが答えを投稿

大まかには「14・15・16」で分かれる

何故こんなことが起こるのでしょか?

■解説!

大前提

出典 https://twitter.com

<大前提>
・リンゴ×3=30なら、リンゴ=10
・10+バナナ×2=18なら、バナナ=4
・4-ココナッツ=2なら、ココナッツ=2

で、問題の図

出典 https://twitter.com

よく見て下さい。
それまでの前提とそれぞれの果物の「数」が異なっています。

・リンゴは同じ
・バナナは4本→3本(※これが非常にわかりにくい)
・ココナッツは半身2個→半身1個

つまり、先の大前提で導いた数字から、この変化に基づいて数字が変化するんですね

というわけで、

・この変化に気がつかない素直な人は、大前提通り「10+4+2=16」
・バナナの変化には気がつけなかった人は「10+4+1=15」
・全部の変化に気がつけた人は「10+3+1=14」

と答えるというわけです。
つまり「14」が正解ということですね。

■タネが分かった人たちの感想

13、やりがちですね。バナナ一瞬2本に見えますからね。

深く考えずシンプルに答えたら、まずは16になるという人が多いですよね。

そんな配慮が!確かにそれなら計算式を作りやすい。

みなさんはどんな数字を求められたでしょうか。
それにしてもよく出来た引っかけ問題でしたね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス