2017年春卒業予定の大学生らを対象とした採用活動が3月1日に始ま、早1ヶ月。各地で会社説明会が行われています。

あっという間に2ヵ月後(6月)には選考が開始し、面接が始まります。そんな中、面接に関するYoshi Shimizuさんのつぶやきが話題になっています。

そのつぶやきがこちら

面接官としては嫌な印象をもたれないように、不採用者こそ丁寧にフォローします。

どの会社でも、面接で不採用にした人が、明日からのお客様になります。不採用者が「面接の態度が嫌だったから、もうこの会社の商品は買わない。」となれば、売上が落ちます。

「不採用だったけど良い会社だった」と思われれば、会社の商品を買っていただける可能性があります

面接をしたことがある人なら、当たり前の話

とはいえ、就活生にとっては衝撃であったようです。

怖すぎ

きつい

実際に経験しているの声

めちゃくちゃわかる

思い当たる節がある

わかる

実は就職活動だけではない。。。婚活でも。

反対に面接官が厳しい質問をしていたら、面接を通過させる意志がある可能性が高いです。面接官から丁寧に話されている時こそ、油断せずに面接にのぞみましょう。

関連:面接で心がけたい「あかさたなはまやらわの法則」

あわせて読みたい記事♪

この記事を書いたユーザー

感動マニア このユーザーの他の記事を見る

思わず感動する画像や教訓を紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス