『紙』と『鉛筆』と『針』だけで作る…電気もスピーカーも必要無いレコードプレーヤー。これが超簡単に作れるうえ、驚くほどしっかりと音楽を奏でていたので紹介したいと思います。

倉庫に眠る古いレコードに命を宿す…このハンドメイドレコードプレーヤー。なお、用意するモノは、先程も述べました通り

■A3サイズ(297 × 420ミリ)位の紙
鉛筆
■針(極細の釘でもOK)
◆セロハンテープテープ(無くてもどうにかなりますが、あった方がいいです)

コチラの3点+1。では、早速ですがその作り方、説明していきたいと思います。

まず、A3サイズの紙を

クルクルと丸めて…

円錐の形にして下さい。
(テープがあるのであれば、広がらないように止めて下さい。)

次に、円錐の尖った先端部分に針をズブリと刺し込み…

突き抜けないようにテープで固定して下さい。

続いて、レコードの中心にある穴に“鉛筆”を差し込み

しっかりと固定されているかをチェックして下さい。
(上手く固定されていない場合は、テープを使って固定して下さいね。)

あとは、鉛筆を右周り方向に回転させながら、さきほど作った円錐ペーパーの針を…

レコード表面にある溝に乗せれば…

ハンドメイドレコードプレーヤーの完成です。

では、動画にて今一度、制作手順をご確認下さい!

出典 YouTube

5分もあれば余裕で作れる!

出典 YouTube

ちなみに、↑のハンドメイドレコードプレーヤーは、円錐の紙を固定し制作された、1人用モデルなのですが、紙で作ったとは思えないクオリティ。これは作ってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか?

出典 YouTube

また

レコードプレーヤーはあるけれど、レコード針がない!』

という方は、先程制作した“針付き円錐ペーパー”を手に持ち、レコードの上(溝に針を乗せる)に乗せれば、音楽を聞くことが出来ますよ!

サボテンのトゲでも音楽を奏でる事が出来るという…この『ハンドメイドレコードプレーヤー』。しかし、あくまでも簡易版であり、やり方によってはレコードを傷つけてしまう可能性がありますので

『どんな音楽だっけ?』

なんて時に是非、この裏技…お試し下さいね!

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス