Licensed by gettyimages ®

お笑い芸人として活躍している狩野英孝さん。最近では、恋愛問題が大きく報道され話題になりましたね。

そんな狩野さんは、かつてテレビ朝日の番組「ロンドンハーツ」のドッキリ企画でアーティストデビューしていました。知っている方も多いかと思いますが、改めて紹介しましょう…。

その名も50TA(フィフティーエー)

出典 http://ameblo.jp

50TAというアーティスト名の由来は、当初狩野さんに「50(GO)T(TOP)A(Artist)」と伝えられていましたが、本当は「50(50周年)T(テレビ)A(朝日)」の略だったというオチがあります。

番組の企画モノだと侮るなかれ、なんと全曲狩野さん本人の作詞・作曲でシングル・アルバム共にオリコンランキング入りも果たしているのです。

元々ストリートミュージシャンもしていたので、ギターで作曲をこなす一面も持っています。

そんな狩野さんは、4月8日放送のロンドンハーツに50TAとして出演。ドッキリ企画で台湾でのロケが行われました。

騙されてやってきた台湾で…

出典 http://ameblo.jp

「台湾で50TAが人気だからライブをやろう!」というドッキリ企画で訪台した狩野さん。仕込みのファンによる盛り上がりに驚きつつ、嬉しい様子。

そしてライブでは、これまでに発表した曲の他に新曲も披露したのですが、その歌詞は突っ込まずにはいられないものでした。

どんな歌詞だったのかというと…

「奥歯ぁぁぁぁぁぁ~♪」

出典 http://ameblo.jp

曲名は「ファイティングポーズ」

気になる歌詞は…

奥歯削れるほど食いしばる そんな時も超えていく
体温調節がうまくいかない 着たり脱いだりしたけど
削れてく奥歯

奥歯~♪(合唱)

出典4月8日放送「ロンドンハーツ」より

この歌詞の中で目立つのは、やはり奥歯です。

親知らずを抜く時の痛さを考えると、歯の中でも一番丈夫に出来ているはずなのに、削れるほどの歯ぎしりをしていると連想させます。

さらに、洋服を着たり脱いだりしているにも関わらず、体温調節がうまくいかないのも気になるところ。

これらの症状が当てはまるとしたら…自律神経失調症ではないでしょうか?

気になって仕方ないので調べてみました!

Licensed by gettyimages ®

自律神経失調症の症状に当てはまるのか、調べてみたところ…

歯ぎしり・くいしばりの怖いところは二次障害が起きることです。

障害には「歯がすり減る」「歯周組織の損傷」「外骨腫(歯の周りの骨が異常に突出する病気)」「顎関節症(あごを動かすと音がしたり痛んだりする病気)」など歯やあごに関係する障害と「耳鳴りがする」「熟睡できない(睡眠障害)」「自律神経失調症」など身体に関する障害です。

特に歯ぎしりは睡眠時無呼吸症候群とも関連が深くとても怖い病気だと言えます。

出典 http://www.shinkaibashi.com

あっ…該当してますね。

では、体温調節についてはどうでしょう?

自律神経失調症になると血液の流れが悪くなるため、室温や気温かに関わらず突然暑くなったり、逆に手足が冷えたりするのが特徴です。

出典 http://www.la-rossa21.net

完全に自律神経失調症の疑いがありました。でも歌詞のことですからね…。

このインパクトの強い「奥歯」という歌詞は、Twitterでも大絶賛されています。

みんな奥歯が好きなようです

ライブの途中にFUJIWARAの藤本さんも乱入してました。

サビが「奥歯」というのは予想外。

マウスピース必須でお願いします。

宇宙からの奥歯。

オーディエンスが「奥歯」って合唱する光景は、シュールの極みでした。

雰囲気が似ている言われていたファンキー加藤さんも絶賛!

その頃ご本人は…

自分で自分の曲をダウンロードしていた!

もう一つの新曲、Over the rainbowを自らダウンロードし、自ら再生していました。

ちなみに、この曲もサビに特徴がありますので、気になる方はiTunesで入手して下さい。

この記事を書いたユーザー

隔週土日休 このユーザーの他の記事を見る

フリーライターとして活動中。ジャンル問わず幅広いテーマを扱っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス