仕事中にメモをとっていますか?

「これくらいなら覚えていられる」と思ってメモを取らないで失敗した事ありませんか?

紙に書くことで忘れない

パソコンやスマホでなく紙に書くことが大事です。

「記憶」が目的であれば手書きが上です。ノートに絵を描いたりもできますし、書いたものを画像として認識することができます。人の記憶は何かと関連付けをした方が忘れにくいそうです。

出典 http://hrstrategist.hatenablog.com

必要なことを見抜く能力をつけよう

私は以前、親族が手術をしてもらうために医師からの説明を受けた事がありました。
その際、説明医の横で助手の医師が記録をとっていて控えを渡されたのですが、
とてもきれいに簡潔にまとめられていて感心した覚えがあります。

限られた時間の中で内容をすべてメモすることは無理です。
重要なことは何かと見極めてメモができるようになることが大事です。

打ち合わせの際にはメモを取ろう

メモを取るという行動をとることで、
相手はいい加減な発言はできないと思うからです。

また、この際大事なのはメモに集中しないで、意識して相手の目も見る事です。

会話中はメモをしない方が相手の話に集中して覚えられるという人もいますし、
その時の状況にもよりますので臨機応変に対応しましょう。

ひとつの件につき一枚

議題や話題一件に対し、一枚のリフィル(紙)を使用するという原則です。
もしリフィルの半分までしかメモが埋まっていなくても、二件目のテーマに話題が移った場合は、二件目の続きに書くのではなくて新しいリフィルに書くのです。

出典 http://the5seconds.com

チェックボックスを利用する

またミーティングの中で、自分がやらなければならないことや、
クリアすべき課題、相手に依頼したことなどは、
箇条書きにしたメモの頭に「□」のチェックボックスをつけておきます。

出典 http://the5seconds.com

後で見やすいような工夫も大事

見やすいメモを作るためには、まずはカンタンなことから。普段走り書きで汚い文字で書いている部分を3色ボールペンで要点を見やすいように工夫して、また、キレイな字で書いてみましょう。

出典 http://u-note.me

蛍光ペンも便利ですよ。

字で書かなくても良い

ビジネスなどでは他人に解読されないように、わざと汚い字で書いたり
暗号のようなものを使ったりするのも良いと思います。

仕事もプライベートも一緒にメモ

「仕事とプライベートでメモするものをあえて分けず、すべての事柄を1冊のメモ帳に書きこむ。プライベートのメモが、仕事で行き詰まったときのヒントになるので」

出典 http://news.ameba.jp

職種にもよりますがこれも結構よいアイデアです。

いかがでしたでしょうか

効率よく仕事を進めるために、メモの活用を見直してみませんか?

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス