記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

こんばんは。

片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

今朝の片づけココロRadioは、「宝物は、いつも目の前にある」というテーマ。

今日は茨城県在住のえみたんさんよりいただいたご感想をもとにトークを繰り広げています。

新しい物を磨くのではなく、今あるものを、磨く。自分を磨く。そうすると、輝くのですね。

新しい物に、つい目がいってしまう私です。

また、片付けなくては、とか早起きしようとか、思えば思うほど、できない自分に、なってしまう。その原因がわかりました。

もっと、気楽に楽しく、やります。ありがとうございます。

出典 http://ameblo.jp

えみたんさん、ありがとうございます!

今日のラジオでも話をしていたのですが、宝物は目の前にあるものだと常々感じています。

最近伊藤は寝る前に、娘からリクエストされて絵本を読んでいます。

「パパ、今日は3人の絵本読んでー!」という形で。

娘にとって、まだ単位が「人」しか理解ができていないので、なんでも人で表現するのですが…笑

絵本を読んでいてびっくりしたのですが、娘、内容を記憶しているんですね。

文字を読めるわけではないと思うのですが、絵のイメージを見てそこに書いてある言葉をちゃんと言うのです

妻が毎晩毎晩絵本を読み聞かせてあげているのを、娘は暗記したんだなと思ったのですが、1冊の本を、ほぼ丸暗記してパパが読む前に、そこに書いてある文字を言葉にするのでビックリと感動でした。

毎日の娘との関わりの中で、気づかされることが本当に沢山あるものです。

今日はそう言った気づきから

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス