今月4日にスタートしたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が好調の中、時期の朝ドラヒロインが決定しました。

いまから話題になっているのですが、ヒロイン役を演じる方とはいったいどんな方なのでしょうか?

今年度後期のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』主役に芳根京子さんが決定

ヒロインは、昭和のはじめ、神戸の山の手で生まれ、早くに亡くなった母から教えられた刺繍(ししゅう)や手芸が大好きな、すみれ。会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、18歳でお見合い結婚、ほどなく娘を授かるなど、順風満帆に思われたが、戦争ですべてが一変。戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう姿を描く。

出典 http://www.oricon.co.jp

時期の朝ドラは、実在の女性をモデルとしたフィクションになっています。そのヒロイン役に抜擢されたのが芳根京子さんです。応募者数2261人の中から見事選ばれました。

芳根さんは多くのオーディションで役を勝ち取っていて、いま将来を期待されている女優さんなんです。

Twitterでもすでに話題に!

知名度はまだまだ引くいのかと思っていましたが、若い世代を中心に人気を集めているようです。

これで朝ドラのヒロインとなれば、幅広い世代からの支持を得られること間違いなしでしょうね♪

芳根京子さんとは?

1997年2月28日生まれ、東京都出身。A型。2013年、ドラマ『ラスト シンデレラ』で女優デビュー。

出典 http://www.oricon.co.jp

高校1年生のときに友達に誘われて行った遊助(上地雄輔)さんのライブ会場で、スカウトされて芸能界に入ったそうです。あんなに多くの人がいるライブ会場でスカウトされるなんて、ほかの人とは違うオーラを放っていたんでしょうね。

デビューするまで女優という仕事には全く興味がなかったそうですが、いまは天職のように演じることを楽しんでいるそうです。

『花子とアン』では仲間由紀恵さんの娘役を演じた

14年放送の朝ドラ「花子とアン」では、ヒロインの親友・蓮子(仲間由紀恵さん)の娘・富士子を演じた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

朝ドラ初出演かと思っていたら、「花子とアン」にも出演していました。重要な役とまではいきませんでしたが、注目を集めたことには違いありません。

ドラマ『表参道高校合唱部!』では1000人以上の候補者の中から主演に選ばれる

主人公・香川真琴を演じる芳根京子をはじめ、高校生役のメーンキャストは約1000人の中からオーディションにて選抜。

出典 http://news.nicovideo.jp

「オモコー」の愛称で呼ばれていた『表参道高校合唱部!』でも、オーディションの難関を突破していました。

本作が連続ドラマ初主演作となった芳根さん。「ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞」などを受賞し、しっかりと実力を身につけていたようです。

中2のときには難病「ギランバレー症候群」を患っていた

筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気です。約3分の2の患者さんが、発病の1-2週前に風邪をひいたり下痢をしたりしています。手足のマヒの程度は発病してから1-2週以内にもっともひどくなり、重症の場合には呼吸もできなくなります。

出典 http://www2u.biglobe.ne.jp

両手両足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群」を中学2年の時に発症したことを明かしました。日本では年間2,000人以上が発症していると推定されています。これに対して、芳根さんはこのように語ります。

「少ない可能性ですが、この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」

出典 http://www.oricon.co.jp

そして、1年間休学して治療に専念したことで、無事に完治することができました。

「病気のあとは急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしてるので全然、支障がない!」と元気ハツラツ。

出典 http://www.oricon.co.jp

その性格は?

制作統括の三鬼一希チーフプロデューサーは「愛くるしい感じの見た目が(ヒロインの)イメージにぴったりだと思った。ただ今回のヒロインは愛らしさとは別に強さも持った女性。芳根さんの外見とは裏腹な中身、芯の強さ、真っ直ぐさ、けなげさを見て、一緒にドラマを作りたいと思った」と起用理由を明かした。

出典 http://woman.excite.co.jp

「まれ」「あさが来た」「とと姉ちゃん」と、4度目の挑戦で朝ドラのヒロインの座を射止めた芳根さん。“芯の強さ”とは、その諦めない心の強さからきているようです。

さらに難病を患ったことで、「しっかりと自分を持とう」と考えるようになりました。辛い経験を乗り越えたからこそ、強い精神力の持ち主になったのではないでしょうか?

とにかく中途半端が苦手。一度始めたことを途中で辞めることも、適当にやることも自分が許せないんです。頑固で負けず嫌いな面倒くさいタイプ

出典 http://www.crank-in.net

自身のことをこう分析しています。“一度やると決めたら最後までやり通す”という性格のようですね。

そのまっすぐな性格こそが、芸能界を生き抜く上では大切なことなのではないでしょうか?

10月まで待てない!

朝ドラに出演した女優さんは、今後さらなるブレイクが期待されています。芳根京子さんはまだ19歳。これからどのような活動をしていくのかも気になるところですね。

そして、10月から始まるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の放送を楽しみに待ちましょう♪

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス