本州四端踏破ラリー

出典筆者撮影

出典筆者撮影

みなさんは、最端地点を訪れたことはありますか。
最端と言うと、北は北海道、南は沖縄をイメージしますよね。
でも、実は、いろんな最端の地があって、最端の地を巡る旅行観光の楽しみもあるのです。
山口県下関市が、本州四端踏破ラリーを行っています。本州四端とはどこなのでしょうか。
本州最北端は青森県大間町、本州最東端は岩手県宮古市、本州最南端は和歌山県串本町、本州最西端は山口県下関市になって います。
各最端の地では、記念となる訪問証明書が発行されています。そして、本州四端すべての訪問証明書を集めて、応募用紙に記入し、山口県下関市の下関市総合政策部企画課「本州四端踏破ラリー係」に郵送すれば、本州四端踏破証明書を獲得することができます。
なんと、この本州四端踏破証明書には、本州四端各市町長の直筆サインが入ります。

本州四端踏破証明書

出典筆者撮影

今回、筆者は本州四端踏破証明書をゲットしました。
2016年3月31日付けで、1,813番目の踏破となりました。約1億2,800万人の中で、踏破者はわずか1,800人です。これは、0.001%、10万人に一人の貴重な踏破経験となります。一生の思い出となる人生経験に挑戦してみませんか!

本州四端の箸

出典筆者撮影

出典筆者撮影

記念品として、本州四端の箸も届きました。
おそらく、端と箸を掛け合わせたのだと思います。
本州四端を制覇し、本州四端の箸をゲットです。

本州四端の半分は東北に

みなさんは、本州四端の半分が東北にあることをご存知でしたでしょうか。
最北端の地は青森県大間町、最西端の地は岩手県宮古市なんです。
大間と言えば、まぐろが有名ですよね。もちろん、最北端の地に行けば、まぐろを堪能する楽しみがあります。
しかし、まぐろだけでなく、最北端の地という場所を味わう楽しみがあるのです。なんと、青森県大間町は、北海道の松前町よりも北に位置しているのです。
本州最北端の地を訪れれば、観光案内所や売店で様々な種類の大間崎到着証明書を獲得し、海を眺めながら北海道松前町よりも北にいる不思議な感覚を噛み締めるのも旅の深い味わいになりますよね。

大間のマグロ

出典筆者撮影

本州最北端の地 大間崎

出典筆者撮影

出典筆者撮影

本州最北端大間崎到着証明書

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

本州最東端の地 とどケ崎

本州最東端の地は、岩手県のとどヶ崎灯台です。
本州最東端訪問証明書は、道の駅みやこや宮古駅前観光案内所で100円で手に入れることができますが、せっかくこの訪問証明書を手に入れるならばとどヶ崎灯台を訪れて、最東端の碑と一緒に記念撮影したいものですよね。
最東端の碑にたどり着くためには、徒歩で3.8キロの道のりを歩かなければなりませんが、たどり着いたときの爽快感はたまりません。しかも、そこには旅人たちの思い出ノートがあり、訪れた人たちが残した言葉と触れ合うことができます。いろんな人のいろんな想いが溢れています。旅の想いを噛み締めながら、最東端の地から眺める海、感じる風は感慨深いものになります。訪れた人にしかわからない感動がそこにはあるのです。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

最東端までの道のり

出典筆者撮影

最東端 思い出ノート

出典筆者撮影

出典筆者撮影

本州最東端訪問証明書

出典筆者撮影

まずは東北から。
本州最端の地巡りに挑戦してみてはいかがでしょうか。一生の思い出になることは間違いありません。

本州最西端の地 毘沙ノ鼻

出典筆者撮影

出典筆者撮影


本州最西端の地は、山口県下関市にある毘沙ノ鼻です。吉見駅からタクシーで片道15分くらいのところにあります。本州最西端到達証明書は、下関駅・新下関駅の観光案内所にて100円で販売されていますが、夕陽が絶景と評判なので是非足を運んでもらいたいです。

本州最西端到達証明書

出典筆者撮影

出典筆者撮影

毘沙ノ鼻からは、「いきなり黄金伝説」で濱口優率いる芸人軍団と古閑美保率いる女性有名アスリート選抜が海女対決をした場所になった「蓋井島」をみることができます。様々なエピソードを噛み締めながら夕陽を堪能するのは、最高の一時になると思います。

蓋井島

出典筆者撮影

本州最南端 潮岬

出典筆者撮影

出典筆者撮影

潮岬タワー

出典筆者撮影

出典筆者撮影

本州最南端は、和歌山県串本町の潮岬です。
本州最南端訪問証明書は、潮岬タワーの入場料と兼ねていますので、300円でタワー入場と訪問証明書がセットになります。
裏面には、記念スタンプを押すことができます。

本州最南端訪問証明書

出典筆者撮影

出典筆者撮影

潮岬タワーからの展望は、地球の丸さを体感できます。千葉県銚子市には地球の丸く見える丘展望台がありますが、もしかしたら、潮岬タワーの展望台からのほうが地球の丸さをより体感できるかもしれないと思うほど、しっかりと地球の丸さを感じることができます。
「何もない」とみるか、「丸さを体感できる」とするか、意識次第で潮岬の楽しめ方は大きく変わるので、貪欲に満喫しましょう。写真では絶対に伝わらない、足を運んだからこそ体感できる丸さがここにはあります。

出典筆者撮影

地球の丸さを体感

出典筆者撮影

また、串本町は、完全養殖クロマグロ(近大マグロ)発祥の町でもあります。
完全養殖は串本が発祥で、串本から長崎などに広められましたが、近大マグロのブランドといえば串本です。
現地の方々の話によると、「近大マグロは動いていない怠け者で脂が乗りすぎているため、現地の人はあまり食べない」なんて話も聞きましたが、足を運んだからには、近大マグロを食べたいですよね。
最北端の大間のマグロと食べ比べなんて、本州四端巡りだからこその味わい方です。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

さらに、潮岬は、日本の夕陽百選に選定されているので、楽しみの幅も広いです。本州最西端の毘沙ノ鼻の夕陽との見比べも楽しみのひとつになります。
近くには潮岬灯台もあり、最東端のトドヶ崎灯台とともに、日本の灯台50選にも選定されています。本州四端巡りは、灯台の魅力に気付く旅にもなります。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

本州四端の醍醐味は比較にある

このように、単なる端の場所巡りだけでなく、四端ならではの見所共通点の比較など、味わい方はすごく深くなります。あらゆる魅力が凝縮された場所でもあるので、せっかく訪れるのであれば、溢れる魅力を存分に味わっていただければと思います。本州四端踏破に挑戦してみませんか!?

この記事を書いたユーザー

正義 このユーザーの他の記事を見る

アワードハンティングしてます。【書道】謙慎評議員・漢字部師範・ペン字部師範・和歌山県知事賞・大阪市長賞・長浜市長賞・奈良県教育委員会教育長賞・広島県教育委員会賞・兵庫県議会議長賞、高野山金剛峯寺賞、【FP】小論文 奨励賞、【作文】コンクール入選(賞金一万円)、【フォトエッセイ】コンテスト佳作、【ボウリング】 県総体優勝(県代表)、【ソフトボール】 県ジュニア優勝、【ビジネスプラン】コンテスト入賞2回(賞金五万円)、【弁論】最優秀賞・優秀賞、【空手】大道塾初段、【将棋】初段・Bクラス優勝、【旅行観光】全国20タワー巡り完全制覇、本州四端踏破、夜景100選 日本周遊賞、日本100名城81城登城、全国一の宮巡り86社参拝、【資格】総資格取得数30種類超、【マラソン】ホノルルマラソン42.195キロ完走。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス