重量挙げの選手というと、「大きい」「強い」というイメージですよね。このデイヴィッド・ダグラス選手も通称「野獣」と呼ばれているほど約720kgのベンチプレスを持ち上げる強靭な肉体の持ち主。

元米海兵隊員でもあったダグラスさん

出典 https://www.facebook.com

元軍隊に所属していたダグラスさんには鍛えられた精神力も備わっていて、今はそれを重量挙げに活かしています。そんなダグラスさんに「ちっちゃな妹」と呼ぶ存在がいることが最近話題になっているのです。

難病に苦しむ子供たちのイベントに出たことがきっかけ

出典 https://www.facebook.com

数年前、ダグラスさんは「Relentless」というイベントに参加。それは難病を抱えた子供たちのイベントでした。そこで一人の少女と出会ったダグラスさん。彼女の名前はリンジィ(12歳)。プロジェリアという早老症を患っていました。

新生児期ないし幼年期に好発して、全身の老化が異常に進行する早老症疾患である。身長・体重の発育が乏しく、強皮症などの皮膚老化、脱毛、骨格・歯の形成不良をもたらす。

動脈硬化による血管障害の進行が早いため、心機能障害や脳血管障害などの重大な循環器系疾患が極めて発しやすく、平均寿命が著しく低下する。老化の進行は、本症患者の1年間の老化が、健常者の10年間以上に相当するといわれている。

新生児において約400万人に1人、幼児期を通じて約900万人に1人の頻度で発症するとされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

根本的な治療法が見つかっていないというプロジェリアの平均寿命は13年ほどだと言われています。そんな難病を抱えるリンジィちゃんとあっという間に仲良くなったダグラスさん。それ以降、ダグラスさんはリンジィちゃんを妹と呼ぶほどに。

何もかも違う二人の間の深い絆とは

出典 https://www.facebook.com

見た目からもその強さからも「野獣」といわれているダグラスさんと、難病を患う繊細なリンジィちゃん。見た目の二人に共通点は見当たりませんが、きっとリンジィちゃんの強靭な精神力が自分に通じるものがあるとダグラスさんは感じたのではないでしょうか。二人の心はしっかりと繋がっているようです。

「僕たちには想像もできない辛さと闘っているのに、いつも笑顔なんだ。彼女のことをかけがえのない存在だと思っているよ。」と語るダグラスさん。写真からもリンジィちゃんを本当に可愛がっている様子がわかります。

生き方をリスペクトし合う二人

出典 https://www.facebook.com

「僕は見た目で強そうだと判断されるけど、リンジィは全てが強いんだ。僕よりもずっとね。」ダグラスさんとリンジィさんのお互いをリスペクトする精神が、この不思議な関係を「親友」と定義付けるには十分なのでしょう。

ダグラスさんは心も大きかった!

出典 https://www.facebook.com

2月24日はリンジィちゃんの誕生日だったということで、ダグラスさんは自身のFacebookにも写真を公開。「この写真を見ると初めてリンジィに出会った時を思い出すよ。彼女はいろんな意味で僕の人生を大きく変えてくれたんだ。今日は彼女の誕生日。心からおめでとう!また会える日が待ちきれないよ!」と優しいメッセージを残しています。

誰かに出会い、その人によって自分の人生が大きく変わったという経験をすることはとても貴重だと筆者は思います。自分にとってそれほどの影響力を及ぼす人物というのは、早々人生の中で出会えるものではないのではないでしょうか。

ダグラスさんとリンジィちゃんの温かい友情を見ていると、ダグラスさん自身も器の大きな優しい人なんだということがよくわかります。偶然の出会いは一生の絆になるということを私たちに教えてくれている二人に胸が熱くなりますね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス