記事提供:まぐまぐニュース!

夫婦やカップルの間で、「今日はなんだか元気がないな…」と思って気を遣って話かけたつもりが、逆にパートナーを怒らせてしまった。こんな経験あなたにもありませんか?

なかなか分かり合えない男と女。実はこれ、男女では元気を取り戻す方法が根本的に違うからだとわかったのです。メルマガ『そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』にて、その方法が具体的に説明されています。

◆そのやり方だと、かえって元気をなくすかも…

パートナーに元気がないと、気になりますよね。

でも、どうしていいかわからず、見ないふりをして放っておいて、文句を言われたり、逆に声をかけ過ぎてパートナーの怒りをかってしまったり…お互いに「よかれと思ってしたこと」が逆効果になってしまうことありませんか?

これは、男女では元気の取り戻し方が違う、あるいは、あなたが元気を取り戻す方法と、パートナーの方法とは違うからからかもしれません。

今号は、この辺りのお話です。

さて、今回のキーワードは…、

【男性】明るい「はげまし」

【女性】親身な「共感」

自分たちとは違うよ~と思われる方もおられると思いますが、何かの参考にしていただければ幸いです。

◆男女では、元気を取り戻す方法が違う

よく、このような話を聞きます。

女性たちからは、ショックを受けたとき、何かあって落ち込んだとき、夫(彼)に話すと、

「それはお前がはっきりしないからだろう。はっきり言えばいいじゃないか」とか、

「そんなこと、気にすることじゃないじゃないか」

「なんとかなるよ。放っておけばいいよ」

というようなことを言われて、ますます落ち込み、

「夫(彼)は、何もわかってない

「ああダメだ、この人に相談しても

と思ったということ。

逆に男性たちからは、

「会社で問題があって落ち込んでいたとき、妻から、なにがあったのかしつこく聞かれてイライラした。何でも話し合うのが夫婦だと言うのです。そんなときには、話したくないのに…」

「妻の元気がないので、気分転換したらとはげましたら、「何を言ってるのよ、あなたが何もしてくれないから私は疲れているのっ」と、逆ギレされた」

などということがあり、どう対処すればいいのか困る、という話。

こんなとき、お互いに、どうも何かが違う、どこかが違うと感じることが多いようです。男女では、元気を取り戻す方法が違うといっていいでしょう。

「言いかたひとつ」なのですが、その言い方も、かなり違うようです。

◆元気を取り戻す男子スタイル

こちらの本では、この辺りの違いについてこう言っています。

1.「問題を問題として認めない

そんなの大したことではない、大げさに考えすぎだ悩むほどのことではない、問題というほどではない。

2.「相手の脳力を認める

おまえほどの人間なら、そんな問題、簡単に解決できる、簡単に解決できるはずだ。

3.「やる気を重視する

やる気があれば何でもできる、気の持ちようひとつ。

という3点を抑え「はげます」ことが多いようです。

こうしてもらうと、男性は、

「聞いてもらった」
「はげましてもらった」
「そうだな、頑張らなくちゃ」
「頑張ればなんとかなるな」
「わかってもらえた」

という気持ちをなり、今の悩みや問題が小さく見えて、やる気や元気を取り戻すことができるようです。

そして友人が元気を取り戻すと、さらりと話をかえる…その話をしつこく聞き出さないことが、男性同士の中では定着しているというのです。

男性同士がそうだから、女性が、元気がなくてもそっとしておく、何も聞かずに黙っている、相談してくるのを待っている、というスタイルをとってしまうようです。

さらに、男性同士では、女性にない特徴として、悩みや問題を「笑い」にしてしまう、茶化すこともあるようです。

例えば、この本の事例に、

「オレ、最近この辺がデブってきたんじゃないかなぁ。ヤバイかなぁ?」
「アハハハ。かなりヤバイよね。霜降り牛って感じだな」
「そーだな、ハハハ。じゃあ焼き肉でも食いに行くか」
「おう!「共食い」って感じでいいな!」
「よし、行こう行こう!」

という話が載っていました。

これは男性特有の親しさの表し方で、相手の悩みや問題を笑い飛ばすことで、元気づけようとしているやり方、だということです。

女性同士では、とてもこうはできません(笑)。

もし、こんなことをしたら、女性同士の間では、

「あの人は、私の悩みを笑った人」

と言われ、怒りを買い、大変なことになってしまいますから。

◆元気を取り戻す女子スタイル

では、女子スタイルはというと、女性同士では、親しい間柄だと、元気がないと気がつくと、声をかけます。

「今日どうかしたの?顔色悪いし元気ないし、大丈夫?」

「なんかあったの?いつもと違うようだけど…」

などなどと。

ちょっとでも声をかけることが女性スタイルといえます。

そこで、「ううん、何でもないの、大丈夫」と言われると、そっとしておきますが、とりあえず、声をかけてみるのです。

こう声をかけて、もし何があったかを話されると、その返答も男性会話とは違って、こんなふうになります。

「ああ、そうだったの…それは大変だったね…」
「そうよね、うんうん、わかるわかる…」
「えーーっ、そんなことあったの、信じられない…」
「そういえば、私にもそういう経験あるわ…」
「何かできることがあったら言って」

そう、男子スタイルの「はげまし」ではなく、どちらかというと「共感」してなぐさめるになっています。

こうされると、女性は素直に、

「話して楽になったわ、聞いてくれてありがとう」
「なんだか元気が戻ってきたわ、よかった話して」
「もう少し考えてみるわ、また相談にのって」

と、前向きな気持ちを取り戻せるのです。

この後ろには、こんな気持ちがあるのです。

1. 私のことを気遣ってくれる人がいる、わかってくれる人がいる。
2. 私は一人ではない。
3. 助けてくれる人がいる話を聞いてくれる人がいる。

こう思えると、安心感や安定感を取り戻し、気持ちが楽になるのですね。

さきほどの男子スタイルの、悩みを「笑い」にする、茶化す、などというスタイルは、女子スタイルにはないといっていいでしょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス