やわらかな日差しが降り注ぎ、色とりどりの花が咲く季節になりましたね。

そんな春を彩る花たちを、部屋で飾ってみたいと思いませんか?

実は、身近にある廃品を利用して、花たちをやさしく演出してくれるインテリアアイテム「フラワーポット」を作れちゃうんです! しかも作り方も簡単!

今回は、その作り方をご紹介しちゃいます!

■今回使用する材料がこちら

その廃品とはズバリ、ボトル型ジュースの空き缶。

「これが本当にフラワーポットになるの……?」と思う人もいるかと思います。

なるんです。

剣山は100円ショップにも売っているものを使用します。空き缶のフタ部分にフィットするものを選びましょう。

では早速作ってみましょう!

■用意する道具はこちら

ハサミやカッター、瞬間接着剤、マスキングテープや塗料などを用意します。

ジュース缶はアルミなので、塗料の密着性を向上させる「マルチプライマー」もあると、アクリル絵の具やペンキなどが塗りやすくなりますよ。

■空き缶を切断する

こちらがこれから作るフラワーポットの完成形です。

このイメージ通りの形になるよう、空き缶をカットしていきます。

カットする際に切るラインを分かりやすくするために、まずマスキングテープを使って目印を付けます。

マスキングテープで作ったガイド線に沿って空き缶をカットしていきます。

使用しない部分にざっくりとカッターで切り込みを入れ、缶を上下2つに分解します。

その後、ハサミを使ってガイド線に沿って丁寧にカットしていくと、綺麗にカットできますよ!

缶の上側部分と同様に、下側部分もハサミで綺麗にカットします。

これでフラワーポットの本体になるパーツが準備できました。

■パーツを接着し、色を塗る

切り出したパーツ同士を写真のように瞬間接着剤でくっつけます。

これでフラワーポットの本体が完成しました!

その後、接着剤が完全に乾いたことを確認したら、いよいよ塗装に移ります。

最初にマルチプライマーを塗り、それが乾いたら絵の具を塗っていきます。

アクリル塗料など耐水性が完全でない塗料を塗る場合は外側だけにしましょう。

「フラワーポット」本体完成です!

■花を飾ってみよう!

花を飾る時は、まず剣山をポットの中に入れ、好みの花たち差していきます。

シンプルなフラワーポットに生ける場合、詰め込みすぎず、適度なシンプルさと間隔を保つよう心がけることがポイント。

加えて、高低差を意識して生けるとよりアートな感じに仕上がります。

愛らしいフラワーポットが完成!

素材がアルミ缶なので、水に強く錆にも強いので実用性もバッチリ。

たくさん並べて飾っても、単体でちょこんとテーブルに飾っても絵になりますね。

お部屋に春の彩りを演出してくれるインテリアアイテムとして、皆さんもぜひ作って見て下さい!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス