久しぶりに・・・と、盛り上がっているところに「ママー」と声が!

Licensed by gettyimages ®

あわてて隠したものの「ママー?パパ?なにしてるの?」と言われてしまった・・・そのとき、子どもはどう感じているのでしょうか?どんなフォローが必要なのでしょうか?

イギリスでは、ある投稿が話題になりました。

自らの友人が事情により数カ月間、子どもたち(8歳と10歳)と寝室をともにする必要に迫られているが、その間もセックスを続けていると暴露。「本人たちは、子どもは確実に寝ているから問題ないというんですが、でも……そんなことわかりませんよね。寝ているふりをして、パパとママが何をしているか不思議に思っているかもしれないし」と

出典 http://tocana.jp

友人が子どもと同室で性行為をしている・・・という相談です。日本では、幼子と親が同室で寝ることは珍しくありません。しかし、イギリスやアメリカなどでは、寝ることすら別室が多いため、大きな議論を呼びました。

トラウマになるという研究結果も、まだ出ていないようです。

興味をもたせるきっかけになってしまうかも?

幼子は見ても理解できないですよね。理解できる年齢かつ、受容できない年齢・・・となると意外と短いかも知れません

同室で眠ることの多いアジアは、意外と多そうですよね。

見せつけるのは虐待・・・でも、ウッカリ見られてしまうのは?

Licensed by gettyimages ®

もちろん、子どもに性行為などを見せつけたり、見られているのがわかっていて放置するのは虐待に当ることも。しかし、うっかり見られてしまった場合、どうケアしていけばいいのでしょうか?

「同じことをしている夫婦は多いかもしれません。親密さを維持するためですから、セックスは何も悪いことではないのです」

「両親の仲が良いことを恥ずかしがらずに(子どもに)伝えるべきだし、成長の末にある愛情表現なのだと正直に教えればよいのです」

「しかし、多少は否定的にならざるをえない部分もあります」

「(物事を)知っていく段階というものがあるのです。家庭生活とセックスライフが切り離されているべき年齢もあるのではないでしょうか」

「ここで児童虐待だと声を上げている人も、素晴らしい親だといえます。不用意に子どもを傷つけることを避けようとしているのですから」

出典 http://tocana.jp

イギリスでの騒動では、心理学者などは、このように回答したとか。でもこれって、結局どういう影響があるかはわからないし、止めるべきかどうかは場合による・・・という感じですね。

性癖が左右されてしまう・・・というコメントも。

ある程度の年齢になってからも、けっこうキツいかもしれません・・・

幼児期に両親のセックスを見られることに対して、ひとつ、大きな問題があるとすれば、それは<外で真似されること>ではないでしょうか。

精神的な影響はさほどなかったとしても、おままごとでお母さん役・お父さん役をした際に真似してしまったら?
「大好きな人にすることだから」と説明したとして<結婚したい子>に、真似事をしてしまったら?

相手の子はキョトンとするだけでしょうが、それを目撃したほかの親御さんは、あえて一緒に遊ばせたいとおもうでしょうか・・・

わざと見せる、話題にしてからかう・・・などは明確に虐待です!

わが子を性の対象にしたり、子どもに性交を見せつけたり、親の子供に対する性的虐待・近親姦が話題になることがあります。子どものダメージは甚大であり、とても残念なことです。汝我が子を犯すことなかれ。

しかし、そのような性的虐待とは言えないものの、子どもたちの心に何がしかの傷を残してしまう可能性があるのが両親のセックスなのかもしれません。家族であるかぎりどこにでもある風景なのかもしれませんが、それだけに親として気をつけたいところです。

出典 http://childcounseling.uijin.com

保護すべき年齢の相手に、わざと見せつけたり、性的な意図をもって触れたり、からかうために性器に触れたりすることは虐待です。

つまり、見られる可能性が高い場所での性行為は、何かあった際に不利になってしまうこともあるかもしれません。心の健康のため、みんなの幸福のため、しないほうが無難かもしれませんね・・・

プライバシーも尊重しましょう

子どもの部屋は、子どもの大切なプライベートゾーンです。

日本では、オトナに対してもあまりはっきり性的な話題をだしませんから、知らないことも多いですね。しっかり勉強していきたいです。

大切なのは、家族がふだんも大切にしあう姿を見せること

Licensed by gettyimages ®

見られてしまうことは、その場で重大な問題を引き起こすことはないかもしれません。その後のケアとしては、夫婦お互いが、ふだんから大切にしあって過ごすことではないでしょうか?

そうすれば、口に出さなくても、いずれ子どもは「大切にしあう行為の一部だ」と理解してくれるかも。

また、なるべくプライベートを確保できる空間づくりをすることが大切かもしれませんね。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス