元モーニング娘。第1期メンバーで、現在はユニット「PEACE$TONE」でボーカルを担当する福田明日香さん。モー娘。所属当時は13歳だった彼女も、現在31歳になり、卒業時よりグッと大人っぽい姿を見せてくれています。

それもそのはず、昨年春には一般男性との結婚、第一子出産と激動の1年を送っていた福田さん。今回は3月からスタートした彼女のブログにつづられた出産体験から育児の様子までをご紹介したいと思います。

「地獄でした」壮絶だった出産体験

予定日より10日早く出産

予定日より10日ほど早めに、出産しました。
我が子に早く会いたいと思っていたので、通じて出てきちゃったんでしょうか。

臨月は、もう身体がぼろぼろで、むくみがすさまじく、歩くたびにしびれるほどだったので、マタニティマッサージなるものにいったのです。
足のくるぶしのちょっと上に、三陰交というツボがあり、陣痛を促す効果があるらしく、かなり強めに押されました。身体がとっても楽になって「これで後少しの妊娠生活を乗りきれそう」なんて思っていましたら、、、

なんと、翌朝、「ポンッ」と音がしました。

まさか、破水かな?いやー、まさかな・・・と、ドキドキしてたら、なんとなくお腹が痛い。

陣痛が来ないため促進剤を使用

とりあえず陣痛アプリを使ってみる。うむ、、、10分間隔で違和感がある。
はい、夜用ナプキン装着➡ピンクっぽいもの確認➡病院に電話する➡破水らしい➡すぐ入院準備して病院に来てくださいとのこと➡旦那さんに電話➡旦那さん夜勤明けで病院に同行。(三陰交のツボ効果おそるべし)

病院に着いてから、痛みがどんどん激しくなり、陣痛室に移動。

陣痛室はかなり快適で、本当は緊張してましたが、呼吸を落ち着けるためにアロマを焚いてもらったり、ボサノバBGMかけさせてもらいました(ボサノバ聴くと出産のときのこと思い出す笑)
その他、スティービー・ワンダーや、ダニーハサウェイとか流してマッタリ痛みに耐えていましたら、
いつまでたっても陣痛強くならず

「陣痛促進剤をつかいましょう」

との提案を出され、したがう。

そこからは地獄のような出来事が…

ここから地獄でした。ほんとに死ぬかと思いました。

腰を、ハンマーでガンガン殴られてるかのような激しい痛みが、どんどん押し寄せてきます。
が、赤ちゃんがなかなか下に降りてこず
子宮口が開かないので、早く分娩室に連れてってくれ~と懇願するも、却下され、なぜか助産師さんに八つ当たりしたり、旦那さんをなぐったり、みなさん本当にすいませんでした

もう勘弁してくださいゆるしてくださいとか訳のわからないことを呟きながら、ヘロヘロになっていたら

ようやく分娩室に行けるとのこと。

そこからは記憶があまりありません。

なぜか「いきんで良いですよー!」と言われているのに、逃しすぎていきみ方が分からなかったのは覚えてます(みな失笑してたので)

早朝の破水から約16時間で、我が子は無事誕生してくれました

「よく頑張ってくれたねー✨ありがとう」

結婚式は妊娠中に

妊娠6ヶ月の頃にウェディングがありました✨

なので、太り過ぎるとドレスが入らない⁉となるので、気を付けながら6ヵ月まで過ごしました✨

しかし、私は食べつわりだったので、食べちゃってましたねぇ。特に、フライドポテトやラーメン、とか食べちゃってました✨甘いものなんかも食べたくなっちゃうんで、困りました😖💦で、考えたのが

パンやスイーツを手作りしたんです。
とにかく、まめに手作りして、作ってる間を楽しんでいると、満足できて食べ過ぎ防止になるの✨
夏だったんで、フローズンヨーグルトや、バナナシェイク(体を冷やすのはよくないけどね💦)ルイボスティーゼリー、青汁のチーズケーキ

で、産後の今まったく甘いもの食べたくなりません(笑)

妊娠中て、ほんっとに味覚が変わるんですよ。

そして、体重がもとに戻ってしまいました

妊娠中にハマったものは…

妊娠中にはまった飲み物シリーズ、アップルティーです。

先輩ママさんからいただいて、飲んでみたらとても美味しかったありがとうございます✨
とにかく、ノンカフェインの飲み物にこだわっていて、これ以外にもラズベリーティーもよく飲んでいた。

酸っぱいのがまたクセになるんだなぁ✨

そして出産後の生活は…

子供の100日膳は豪華に

子供の生後100日のお祝い膳です
全部、手作りで作りましたーぁ!
・・・と、言いたいところですが、手作りは筑前煮とお赤飯だけです
筑前煮は、難しくてなかなかうまくいかないのですが、美味しくできたぁー!子供のために初めて作るご飯だから、愛情を込めて作りましたよ✨
伝わってるかな?

今では完全にミルクで育児

子供を産んで最初の3ヶ月は、ひたすら授乳➡オムツ替えです。

うちの子は、吸うのがあまり上手じゃなく、哺乳瓶の乳首すら、うまく含めず、体重の増えかたが遅かったため、なんと退院日が延期されました
それでも、産後すぐに分泌される初乳に勝る栄養はないと認識があったので、必死に搾乳して哺乳瓶で飲ませました。

今では嘘のように元気いっぱいですが、
最初はとても心配で、結構メンタル的に辛かったような辛い時期を乗り越え、母乳とミルク混合の時期もありましたが

今では、完全ミルクで育てています。

良い点は、旦那さんや家族も代わりに授乳ができるので、皆で育児しているという連帯感がありますね。
悪い点は、やはり怠慢な育児なのでは、とか批判をうけますね(^-^;

私は、「うちはうち」と割りきってましたが、気にするかたは辛いだろうなと思ったかな。

様々な事情で、母乳を諦めなければいけない人もいることを、認知してもらいたいですね。

最近では家族でお花見へ

ほーら、桜だよー!キレイだねー
きょとん…
まだ、桜の木は高くて遠くて、見えてないっぽいです
それでも、周りの賑やかな様子に、にこにこしてました

いかがでしたでしょうか。ブログでは今後も育児の様子など、様々なエピソードがつづられていくことかと思います。ぜひチェックしてみてください!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス