※ヒロインが決定しましたね。
(一番最後に追記がありますが、この記事は16年4月6日のの午前中に書いたものです。)



NHK朝のテレビ小説「とと姉ちゃん」が好調なスタートを切りました。
しかし次期の「べっぴんさん」について気になることが一つ。ヒロインがまだ決定していないようなのです。
歴代のヒロインを見ると、朝ドラのヒロインから大きな飛躍をする女優さんが多く、毎回激戦になっているようですね。

専用サイトによると、
【制作スケジュール】
  2016年1月~2月.....ヒロインオーディション
  2016年2月~4月.....ヒロイン決定、出演者発表
  2016年5月..............クランクイン予定
となっています。

ということは、ヒロイン決定→出演者発表は今月。
すでにオーディションはおこなわれているが、まだ決定、そして発表の段階に来ていないということなんでしょうね。

そこで、朝ドラのオーディションについて調べてみました。
かつては朝ドラのヒロインはオーディションで選ばれていましたが、最近はそうでもないようです。
「純情きらり」(2006前期)の宮﨑あおいさん
「芋たこなんきん」(2006後期)の藤山直美さん
「だんだん」(2008後期)の三倉茉奈・佳奈さん
「ゲゲゲの女房」(2010前期)の松下奈緒さん
「おひさま」(2011前期)の井上真央さん
「梅ちゃん先生」(2012前期)の堀北真希さん
「ごちそうさん」(2013後期)の杏さん
「花子とアン」(2004前期)の吉高由里子さん

ただ前期の「あさが来た」、今期の「とと姉ちゃん」などは従来通りオーディションをおこないました。
今回の記事は、そのエピソードをまとめてみました。

波留:2015後期「あさが来た」(2590人)

まずは「あさが来た」の波留さんです。
波留さんは、「てっぱん」、「純と愛」、「あまちゃん」に次ぐ4回目のオーディション参加で見事ヒロインを射止めました。
ただ参加者は史上最多の2590人。本当に狭き門だったようです。

通常、最終選考まで残ると姉妹や友達での出演オファーが来るそうですが、波留さんは「ヒロイン以外はやらない」と前のオーディション後にもらった出演オファーを断ったそうです。それほど強い意思だったんですね。

また最終オーディションでは、ほかの参加者と相撲を取る審査もあったそうです。予めスタッフの方に「勝ったからヒロインというわけではない」と言われていたものの、みんな相撲に熱くなり、波留さんは爪がかけるアクシデントもあったようです。

ただ「清楚そうなのに、顔を真っ赤にして相撲を取っていた」という評価をもらい、最終的にヒロインとなったそうでした。

土屋太鳳:2015前期「まれ」(2020人)

2011年「おひさま」、2014年「花子とアン」に出演していた土屋太鳳さん。「花子とアン」の出演中におこなわれたオーディションに参加し、2020人のうちから見事、希役に決定しました。

オーディションでは、カメラテスト最終日の最終候補者だったそうです。スタジオに入ってきた時にスタッフみんなが「希に会えた」と思ったというエピソードが残っています。
目の輝きと存在感が際立っていたそうです。

能年玲奈:2013前期「あまちゃん」(1953人)

NHK初出演で、テレビドラマ初主演という大抜擢となったのが「あまちゃん」の能年玲奈さん。
不器用さが反対にいいと認められたのと、東京に出てアイドルになるというストーリーから原石として、全くの新人なのに1953人の中から選ばれたそうです。
最終選考では、橋本愛さんや前田敦子さん、早見あかりさんなどが残っていたというエピソードもありますね。

ちなみにウィキペディアでは、下記のようなエピソードも残っています。
ヒロイン決定のは意外とドッキリを仕掛けるらしいですね(笑)。

「あまちゃん」ヒロイン合格発表はオーディションの最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだった。しかし能年は封筒に入った紙に書かれた『ヒロインは能年さんに決定しました。』という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声にだして読むも気づかずスタッフから「もう一度読んでください。」と言われ、何度も読んでしまった。最終的にはプロデューサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気づいた

出典 https://ja.wikipedia.org

夏菜:2012後期「純と愛」(2258人)

2005年前期「ファイト」、2008年前期「瞳」のオーディションに参加していた夏菜さん。3回目の挑戦で2258人の中からヒロイン狩野純役に選ばれました。

12人残った3次審査では約10分間の芝居を演じたそう。しかし脚本家にぼろくそに言われたという逸話が紹介されています。

ただ「ピカルの定理」などコント番組にも出演していた夏菜さんは、「コメディエンヌになりたい」とオーディションで語ったことから、肉食系のヒロイン像と重なるとしてヒロインに抜擢されます。

そしてヒロイン決定をしらされたのは、最終カメラテストとして呼び出された時だそうで、その1時間後にはヒロイン発表会見がサプライズで用意されていたそうです。

瀧本美織:2010後期「てっぱん」(1424人)

小学生の時からアイドルになるレッスンを受けていた滝本美織さん。アイドルグループの一員としてデビューを果たしますが、その後解散。2010年に女優デビューを果たします。
そしてその年に「てっぱん」でテレビでも女優としてデビューを果たします。
大抜擢だったようですね。

オーディションでは、「台本をお笑い芸人風に」などと指示され、楽しんでやっていた模様。その後オーディションの倍率の高さを聞き、半分あきらめていたそうですが、
最終オーディションから1カ月後くらいに「リポーターの仕事をして」とオファーがあったようです。
そして、カメラさんが「朝ドラ受かったって?」と言うのを合図に、番組のプロデューサーなどが出てきてヒロイン決定をしらされたそうです。

なんとも粋な演出ですね。
というか、本当にサプライズが好きですね(笑)。

さて、毎年後期のヒロインがいつ決定されるのか、調べてみました。
「あさが来た」の波留さんは、2015年3月11日
「純と愛」の夏菜さんは、2012年3月21日
「カーネーション」の尾野真千子さんは、2011年3月6日
「ウェルかめ」の倉科カナさんは、2009年4月2日

たいてい3月中に決まっているんですよね。
ただ「ウェルかめ」は4月に決まっています。
なので、もうしばらくしたら発表があるのではないでしょうか。

次期の「べっぴんさん」は子供服製造販売のファミリアを創業した坂野惇子さんがモデルです。
巷では、松岡茉優さんや前田敦子さん、清水富美加さん、早見あかりさんなどとも言われていますが、誰に決まるんでしょうか?
楽しみに待っていたいですね。

※追記
芳根京子さんに決まりましたね。

昨年、「表参道高校合唱部」の主役を務めた時に、あまりにもオーディションに強いために〝オーディション荒らし〟とまで言われました。
芳根さんがオーディションにいると、他の参加者の事務所の方は「またあの子がいた!」というほど注目されていたそうです。

今回もオーディションに強かったんですね!!

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス