出典 https://www.instagram.com

記事提供:Techinsight

GACKTはこれまでも鍛え抜いた肉体をInstagramで公開して話題となったが、彼と活動するメンバーもトレーニングで汗を流している。ただ、GACKTの容赦ない指導に時おりうめき声や悲鳴が出てしまうこともあるようだ。

「歌手とかアーティストの前に男じゃん」というGACKT。大切な人を守るためにトレーニングはかかさず、今年も元旦から「漢に休みなどない!」とジムで身体を絞っていた。

『GACKT gackt Instagram』では度々、トレーニングする場面が公開されておりそのハードな内容に驚かされる。

GACKTが指導する動画では、お腹にパンチを見舞われ「オアー!オエー!」と叫んだり、「地面を噛んで」と言われながら股を広げられて悲鳴をあげるメンバーが見られる。

“ヘルボール”と呼ばれるウエイトボールを落として腹筋を鍛えるトレーニングで思わずGACKTに「ドS」と訴える男性ダンサーがいれば、ドラマーは「こう門が出たっ!」とうめいていた。

こうした過酷なトレーニングもみんなで楽しみながらやればステージでのチームワークにつながりそうだ。ちなみにGACKTは両脇腹を何度もパンチされながら平然としていたことをつけ加えておこう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス