最近はお嫁入りに着物を揃えて持たせるという家もかなり少なくなったのでしょうか?それでも、地域や嫁ぎ先によっては何枚かは揃えておいたほうが良い場合はあります。

筆者の実家では母が揃えてくれており、喪服を始め何枚か誂えて貰いました。それを元に最低限持っていきたい着物や、余裕があれば作っておくと良いと思う着物を勝手に選んでみました。

関東なので、地域によっては事情が異なるかも知れませんが、迷っている方は参考の一つにしてみてください。

標準的?結婚の時に揃えることの多い着物

《喪服 ※実家の家紋入り》
葬儀の際に着る喪服は、着物を揃える家であれば必ず持たせるものですね。家紋は実家の家紋を入れておきますが、嫁ぎ先や地域によっては嫁ぎ先の家紋を入れるという所もあるかも知れません。

ただ、喪服に至っては葬儀を待っているようで縁起が悪いとの理由から作らない地域もあるようです。

《付け下げ・訪問着》
これも多いですね。結婚後にお世話になった方に挨拶に伺ったり、知人や友人の結婚式などお祝いの席に着れるので、持っていると便利です。

最低1枚あれば良いかと思いますが、嫁ぎ先によって着物を着る機会が多い環境であれば数枚あると理想的かと思います。

《小紋・紬・ウールなどの普段着》
年末年始などを始め、普段着として持っていると重宝ですし、揃えて持たせる家は多いようです。どれか一枚であったり、小紋と紬で揃えたりという家も多いようです。

《色無地》
これは、家紋入りの場合と入れない場合で分かれるようですが、筆者は個人的に家紋が入っているほうが良いと思います。冠婚葬祭で着れる重宝さで、揃える家は多いですね。卒業式などお子様のイベントにも重宝します。

《羽織・コート》
これもかなり揃える家は多いようです。コートは本当に頻繁に着物を着る方でないと一枚で十分ですが、筆者の経験上、一枚で作るなら黒にしておくのはかなりお勧めです。実は筆者が黒で作ったのですが、葬儀の時にも着れてかなり重宝しています。

実際には普段着などではショールを羽織ったりするほうが多い為、コートとなると改まった場所がほとんどだからです。それほど着用はしないけど持っていたいという方なら、黒は両方で着れて良いと思います。

《浴衣》
浴衣はわざわざ作る人もいるようですが、最近はそれ以前から持っている人のほうが多いかと思います。そのまま持っていったり、中には男性用の浴衣や普段着まで持たせる所もあるようです。

余裕があれば作っておきたい着物

《留袖 ※家紋入り》
やはり、留袖も本来は持っていたい着物かと思いますが、実際にはレンタルが多いようですね。

作るのであれば黒留袖ですが、余裕があれば色留袖もあると理想的かと思います。筆者は留袖は持っていません。色留袖は欲しいなと考えていますが、着る機会がかなり限られそうですね。

結婚する際に揃える着物は家や嫁ぎ先によってさまざまですが、近年は昔のように揃えないという家が増えている気がします。

帯や小物もそれぞれ必要ですし、確かに費用はかかります。でも、まったく何もないのは、増々着物離れが進んでしまうようで寂しい気はしますね。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス