日本で1番有名な予備校講師・林修先生

出典 http://girlschannel.net

東進ハイスクールのテレビコマーシャルから一気に火がつき、現在ではバラエティ番組でも活躍する日本で一番有名な予備校講師・林修先生。

東京大学法学部を卒業してからは、様々な事業に失敗した経験を持つなど、人生経験も豊富な林先生。

4月3日に放送された自身が出演するTBS系情報バラエティ番組「林先生が驚く 初耳学!」で、披露した「教え子のモチベーションを上げるためには?」という質問について「いつやるか?今でしょ!」とは似ても似つかない林先生の答えが話題になっています。

「やる気がないならやめなさい」

出典 https://www.morningwoodrocks.com

『教え子の夢をかなえるには本人の「やる気」を伸ばすことが大切』とのナレーションが流れた後に林先生が語った一言。

『やる気がないならやめなさいと言っちゃいますね』

他の出演者からも疑問の声があがった今回の林先生の答え。

林先生は出演者の疑問に答えるかたちで「僕は本当に人の影響を受けないほうなんですけれども…」と切り出すと「大学時代のすごく優秀なゼミの先生の言葉で、これだけは覚えているっていうのがありまして…」と、その真意を説明しています。

林先生が大学時代にゼミの先生が言っていたという言葉

Licensed by gettyimages ®

「いやならやめなさい。勉強は贅沢なんだからって言われたんですよ」

もともとは林先生が大学時代にゼミの先生が語っていたというこの「いやならやめなさい」という言葉。

このことについて、林先生は、世界中には勉強をしたくても、貧しさから働かなくてはいけない子どもたちが沢山いることについて言及する一方で、両親から面倒をみてもらい、学校に行かせてもらい、高い授業料を払ってもらえることがどれだけ恵まれているかについて指摘。

それだけ恵まれた環境にいながら「やる気がおきない」という生徒について林先生は「自分がいかに恵まれているかわからないような人間が勉強したって意味ないだろう。だったらもうやめなさい」と語っています。

林先生のやる気がおきない生徒への言葉は多くの人から賛同の声が寄せられている

Licensed by gettyimages ®

子どもの貧困が社会問題として取り上げられることが多くなってきた現在。日本でもやる気と能力があるのにも関わらず経済的な事情から進学を選択しない人たちも存在しています。

そんななか今回の放送で林先生の語った言葉はTwitterでも拡散され「こういうこと言う林先生大好き」「誰かのお蔭って理解する事の大切さ」など多くの賛同の声が寄せられているようです。

学生はもちろん、学生時代に勉強嫌いだった大人の胸にも刺さる今回の林先生の厳しい言葉。

勉強ができる環境にいる学生たちは、大人になってから後悔しないためにもその環境に感謝しつつ勉学に励んでいただきたいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス